旅路

思い出や感じたことを書いています。

春を待つ

2017-02-08 10:16:30 | 日記
No.18

 久しぶりにパソコンの前に座っています。
今日はかなり冷えますね。じっとしていると、体に冷気が少しづつしみ込んでくるような気がします。何枚も着込んでいるのに、寒さを防ぐのは難しいですね。(数えてみたら、上は七枚で下は三枚でした。すごいでしょう?)

 暖房すれば、問題は簡単に解決します。部屋にはガスファンヒーターがあるし、エアコンも使えます。それだけでなく、押入れから電気ストーブやオイルヒーターを出してくる、という方法もあるし。

 でも、私は暖房する気になれません。寒いのは嫌ですが、電気やガスに頼るのも気が進みません。これくらいの寒さなら、なんとか我慢できます。北海道や東北に住んでいる人のことを思えば、ずっとましです。弱音を吐いたら、申し訳ないと思うのです。
家族から呆れられても、私は自分のやり方でいきたいと思うのです。もしかしたら、私は「耐える」というのが好きなのかもしれません。「頑張っている私」をやっているのは気分がいいですしね。

 ですが、猫さんたちは違います。猫部屋には、寒さ対策をしています。小さなテーブルに布団を掛けた「猫さん用コタツ」を置いてあります。中に入っているのは、湯たんぽと毛布。このコタツに入れば暖かいと思います。二つあるので、好きなのを選べますし。気温が低いときは、オイルヒーターのスイッチも入れます。

 湯たんぽと毛布を入れた「ぬくぬく段ボール箱」というのもあります。箱は厚手の布で囲い、出入口には暖簾をつけました。こちらも快適だと思います。置いてあるのは、二階の別室と一階の居間です。二匹くらいしか入れませんが、利用率は高いです。

 そういうわけで、寒い時期は電気代とガス代がけっこうかかります。オイルヒーターを使う時間はどうしても長くなるし、湯たんぽの数も多いので。ちなみに、湯たんぽの数は5個です。お湯は冷めるので、毎日二回入れ替えます。湯たんぽを用意するのは、正直言って大変です、階段を何回も上がり降りしないといけないので。 

 でも、仕方ないですね。猫は寒さに弱い生き物です。毛皮を着ていても、あまり効果がないみたい。なので、人間が気を配ってあげないと。

 月日がたつのは早いですね。これ以上年をとるのは嫌だけど(私の誕生日は春なので)、暖かくなる日が本当に待ち遠しいです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兄弟猫 | トップ | 抱っこは苦手 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事