気まぐれ猫の徒然の日々

気楽に、時々思いついたことなどを書きつづっていきたいと思います・・・。って、最近すっかり写真ブログになってるけど・・。

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ を見に行ってきた

2017-07-16 10:46:25 | その他

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ を見に行ってきた。




ノーゲーム・ノーライフの劇場版、原作6巻の映像化で、本編の6000年前、神話大戦終結を終結させディスボードの世界成立に至らせた、最弱である “人類種” の「リク」達 “幽霊” と「リク」に寄り添った “エクスマキナ” 「シュヴィ」の物語。

この話、本編とはガラッと雰囲気が違う。
かなり暗いお話で、本編の良い意味での緩い脳天気な雰囲気はあまり無い。
なかなかの感動作?になっている。
尚、6000年前の話なので、本編のメインキャラクターはジブリール達フリューゲルとテトしか出ていない (ちょろっと出てきてるけどね) 。
いずなといの達ワービースト以外のメインキャラクターのご先祖様は出てきてるけど。 (多分・・・。)

初日の朝一で行って来たんだけど、劇場はほぼ満員。
まあ、この田舎では上映館がここだけって事もあるんだろうけど、それにしても中々の人気の様。
うん、俺も「ノゲ」の中では1番好きな話ではあるし、判る気がするなぁ。

で、感想。
文庫本一冊分 (それもかなり濃い内容の) 話を 100分程の作品にしているのだから、ある程度内容を端折っているんだけど、中々良い出来では無いかな。
特に映像の作り方がすごく良い。
脚本も良い出来だと思う。
演出は、「ガルパン」のように “おおっ!” と言う様な所は無かったが、堅実で良い出来。
本職の声優さんの演技も良かったしね。
リクとシュヴィの距離が縮まっていく様子や、コロコロと人格設定が変わるシュヴィの演技も「さすが本職。」と思わせる物だった。
コロンの最後の台詞が心に染みたなぁ。
うん、良い作品だった。

総括。
「ジブリール、何やってくれてんねん!!」

ちなみに、一緒に行った上の子。
「ほぼジブリールが悪いんじゃん。」

追記。
パンフレットに監督さんが “お客さんに「まさか『ノーゲーム・ノーライフ』で泣かされるとは・・・・・・」と思わせたら勝ちだぞと。” と書いておられたが、俺、その台詞を原作の6巻を読んだ時に書いてます。(笑)

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫陽花 | トップ | 久々のお酒話 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。