ぶらぶら★アフリック

アフリカ・プロモーター、ンボテ★飯村がお送りする100%アフリカ仏族ぶらぶらトーク!

小さないのち〜「こたえ」のありか

2017-04-21 08:00:37 | アフリカ紀行
久しぶりに病院を訪問した。

まずは大病院。遠目にキラキラ輝く病棟。


地元の人から見たら、こんな視線。


そう、大病院だけど、決して裕福な病院じゃない。イメージは「土砂降り」病院。



・・・でもどうにかこうにか、やっている。

思い出のスケッチアルバム〜マンガ'Aya de Yopougon'特別号

そこに宿る、小さな命。

生まれたときから停電と戦う新生児。


でも、たくましく。



郊外の総合病院。


水がなくても、機材がなくても、こどもたちはみんなの未来。薄給でもモチベーションを振り絞る助産師さん。


大した治療できませんが、基本、お金はいただきやす。


でも出産は無料につき!!


未来の怪獣を「おんぶに抱っこ」のお母さん。



問題はたくさんあるけど、答えもここにある。
現場はたくさん教えてくれる。

ありがとう、ドリームチーム。
きょうが終わりの始まり。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大型連休で意識不明の大渋滞?! | トップ | アビジャンオープン開催!〜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。