ベルのきもち

日常のささやかな幸福感を書いていきたいと思います。

『夏の沈黙』

2017-08-13 11:53:18 | 本の紹介


byルネ・ナイト。古賀弥生訳。創元推理文庫。

テレビ制作者のキャサリンのもとに一冊の本が届けられる。その内容は・・・主人公はまさに彼女で、
20年間隠し続けてきた罪が暴かれ、最後は凄まじい死を迎えるというものだったが。
キャサリンには思いあたる節があった。本は息子にも贈られていて。
キャサリンは本の送り主を探そうとするが・・・彼女のまわりでは不可解なことが・・・

さて、別の日のベル。



初めて見るバケツの金魚に。



おそるおそる近づくが。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『エル ELLE』 | トップ | 塩バナナブレッド »
最近の画像もっと見る

本の紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。