ベルのきもち

日常のささやかな幸福感を書いていきたいと思います。

『三人目のわたし』

2017-02-13 12:13:25 | ドライブ
byティナ・セスキス。青木千鶴訳。ハヤカワ文庫。





エミリーは平凡で幸せな家庭だったはずのすべてを捨て、家を出た。
見知らぬ土地で別人として生きるために。
たどりついたシェアハウスで万引き、クスリ常習者のエンジェルと出会い・・・
どうにか仕事にありついてなんとか暮らしていたが・・・
思わぬ事件に巻き込まれてしまう。
普通の生活をしていたエミリーが家を出て、別人になって生きなければならなかった理由とは・・・

本日のベル。





少しずつ夜が明けていき・・・

見れば、ベルの足はなんだかずず黒く・・・

昨日、公園のお山は、毎年この時期、恒例の山焼きだったんだ・・・

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魅惑のイスタンブルと南仏7 | トップ | 魅惑のイスタンブルと南仏の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

ドライブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。