雪の朝ぼくは突然歌いたくなった

2005年1月26日。雪の朝、突然歌いたくなった。「題詠マラソン」に参加。3月6日に完走。六十路の未知の旅が始まった…。

060528 日々歌う

2006-05-28 09:09:22 | 日々歌ふ
忍び越す葉群の青を二色に清らに染むるスヒカヅラ見ゆ
(葉群=はむら、二色=ふたいろ)

                  *

ロダンらを上野に訪ね芸大のバルラハ展を知る幸あるも

丈低き像にしあれどバルラハのおほきく彫りぬロダンを超えて

バルラハの小さき像に彫るもののいのち溢れて吾を浸しぬ

終の日にバルラハ展を観る幸を娘と味はふ幸の重なる

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 060527 日々歌う | トップ | 060529 日々歌う »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スイカズラ (なみへい)
2006-05-28 14:48:37
TB有難うございます。

色鮮やかなお歌ですね。それに季節の時間経過も織り込められていて素晴らしい。
名前がわかると… (髭彦)
2006-05-28 19:50:23
なみへいさん、さっそくお越しいただきありがとうございました。

名前がわかるとたちまちほかのスイカズラも目にとまるようになります。

不思議ですね。

今日見かけたスイカズラは蔦を塀の上まで這わせていました。
Unknown (nakashi)
2006-05-30 00:13:31
TBありがとうございました!

さっそくおじゃまさせていただきました。

わたし自身、歌に触れたことがなかったので恐縮ながらとても珍しく拝見させていただいております。



また度々おじゃまさせていただきます。
nakashiさん、ようこそ (髭彦)
2006-05-30 07:02:12
さっそくお訪ねいただき、ありがとうございました。

バルラハ、すばらしかったですね。

最終日に気がついてホントによかったです。

あれを見逃していたら、どんなに後悔したことでしょう。
ありがとうございました (kunie)
2006-05-31 23:16:26
kunieです。トラックバックならびにコメントいただき、どうもありがとうございました。

バルラハ展、よかったですね。今回の展示で初めて知ったのですが、静かに、でも力を秘めて染みこんでくるような彫刻でした。髭彦さんも書かれているように「浸しぬ」という感じで入ってくるように思いました。



また日々の歌、寄らせていただきたいと思います。
kunieさん、ようこそ (髭彦)
2006-05-31 23:47:36
お訪ねいただき、ありがとうございました。

東京に続いて山梨でもやるようなので、もう一度観たいなと思っています。

それほど衝撃的な彫刻でした。



いつでもお出かけください。
Unknown (ゆみ)
2006-06-01 00:05:29
いい歌です♪
ありがとうございます (髭彦)
2006-06-01 00:22:16
でも、どの歌でしょう?

アクセスがあったので (林ゆみ)
2006-06-01 20:51:19
来てみましたが上記のゆみさんは私ではありません。

ごぶさたしています (髭彦)
2006-06-01 21:09:13
林さん

わざわざありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
エルンスト・バルラハ展 (日月抄)
ドイツ・表現主義の彫刻家 エルンスト・バルラハ展 会期: 2006年4月12日(水)-5月28日(日) 月曜休館午前10時~午後5時(入館は閉館の30分前まで) 会場: 東京藝術大学大学美術館 3F http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2006/barlach/barlach_ja.htm --- ...