長内那由多のMovie Note

映画レビュー、俳優論など映画のことを中心としたブログ

『キングコング 髑髏島の巨神』

2017-04-24 | 映画レビュー(か行)


レジェンダリーピクチャーズがギャレス・エドワーズ版『GODZILA』に続いて放つモンスター映画ユニバース第2弾は、気持ちがいいくらいに振り切れた快作だ。ジョーダン・ヴォート=ロバーツなる無名の新人監督の“キングコングとベトナム戦争時代の米兵が戦う”というワンアイデアから製作が始まったというが、なかなかどうして。企画不足の消化不良なハリウッド映画が相次ぐ昨今、この新鋭は観客の見たい絵をしっかり見せ、我々の快楽中枢を満たしてくれる。

1973年、米軍のベトナム戦争撤退が決まった日。謎の政府機関によって未知なる“髑髏島”への探検隊が編成される。
研究チームはジョン・グッドマン、護衛の米兵隊隊長はサミュエル・L・ジャクソン。共にキチ〇イ役ならお手の物の怪優が画面に揃い踏みし、これだけで十分、怪獣映画なみのインパクトだ。この2人の前ではイケメン・ヒーロー枠にトムヒ(註:トム・ヒドルストン)を配しても空気化してしまうのだから驚きだ。

むしろブリー・ラーソンが映画にハマる70年代美人顔で唯一、銃も持たなければお色気もか弱さも皆無という、清く正しい現代性で主演女優として屹立しているのが頼もしい。怪獣に追い詰められた恐怖からハラリと涙が(ほぼ条件反射のように)こぼれ落ちるさり気ない場面まで、彼女の気取らない演技メソッドが貫かれている。オスカー受賞後、急激に垢ぬけてスターオーラを増しており、これは想像以上の大輪ではないだろうか。
パニック映画は往々にしてB級のキャストが作品にチープさを与えてしまうが、ロバーツ監督は豪華キャストを無駄遣いする事無くそれぞれに見せ場を与え、映画のグレードを1つも2つも上げて抜かりがない。

役者が揃うと映画は早々に、何ら出し惜しみする事なくキングコングを登場させる。バッコーン!!
まんまキルゴア中佐なサミュエル叔父貴率いるヘリコプター部隊を叩き落とすコング!
キングコングVS『地獄の黙示録』!
この自分が見たい絵を観客にも見せてイかせる力技!

髑髏島に降り立った一行を次々と巨大怪獣たちが襲い、コングがプロレスよろしくバンバンぶっ倒していくが、サミュエル叔父貴も負けてはいない。ロバーツの書いた企画書はきっと“キングコング対『地獄の黙示録』”“キングコング対サミュエル・L・ジャクソン”、そして“サミュエル・L・ジャクソン対巨大怪獣”だったに違いない。叔父貴といえばのあの名台詞も爆笑モノのパロディとして使われ、コングと同レベルの愛されっぷりだ。
一方でCGに頼らず、ロケーションをフル活用し、この世ならざる秘境のランドスケープを切り取ったカメラもいい。この監督、見た目はヒゲモジャの正直どうかと思う風貌だが、なかなかの手練れではないか。

まさかエンドクレジットの後にあんなアガる真のエンディングがあるなんて、ほとんどの観客は夢にも思わなかったのだろう。場内が明るくなるまで席を立たないように。ついにアイツらが大スクリーンに帰ってくるぞ!!



『キングコング 髑髏島の巨神』17・米
監督 ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
出演 トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ブリー・ラーソン、ジョン・グッドマン、ジョン・C・ライリー

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ライト/オフ』 | トップ | 『ラン・オールナイト』 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
キングコング:髑髏島の巨神  監督/ジョーダン・ヴォート=ロバーツ (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ヒドルストン  ブリー・ラーソン  サミュエル・L・ジャクソン 【ストーリー】 コンラッド率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてき......