長内那由多のMovie Note

映画レビュー、俳優論など映画のことを中心としたブログ

『ビル・マーレイ・クリスマス』

2017-05-17 | 映画レビュー(は行)


Netflix製作によるクリスマス特番。
猛吹雪にさらされた街をいつも通りの無表情で見下ろすビル・マーレイ。トナカイ帽を被っているだけでも反則的に可笑しい。そんな彼が全編に渡って歌声を響き渡らせるのにビックリ。元来、SNL時代からそういう芸風だったらしい。
彼が猛吹雪のためゲストが来れなくなったクリスマス特番を渋々、進めていくという楽屋オチなプロットを『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィア・コッポラがお得意の“内輪ノリ”で仕上げている。ウェス・アンダーソン組も合流して、さながらスター達によるカラオケ大会といった趣だ(思えば、ジム・ジャームッシュ以上にハリウッドスターに“オフビート”を仕込んだウェスの功績はデカい)。このメンバーでは従来の序列も度外視され、ジョージ・クルーニーですら合いの手を入れるだけだ(楽しそうだけど)。

ランニングタイムは56分とコンパクトなので、ソフィア特有の馴れ合い感も気にはならなかった。こういう遊び心たっぷりな中編を作れてしまうところにNetflixのクレバーな製作体制が伺え、何とも好ましいのである。


『ビル・マーレイ・クリスマス』15・米
監督 ソフィア・コッポラ
出演 ビル・マーレイ
※Netflixで独占配信中
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『マーガレット』 | トップ | 『スター・ウォーズ/フォース... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL