劇団恋におちたシェイクスピアのブログ

長内那由多主宰による劇団のブログ

『風のたより』終了しました!

2017-08-08 23:51:04 | 公演情報
おかげさまで全回満席、無事に公演を終えることができました。
ご来場の皆さま、応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。

昨年、試験的に始めた百草園での公演ですが今回の成功を経て、恋おち独自の公演スタイルとして方向性が見えてきたように感じています。

8/6という上演日ではありましたが今回は原爆にこだわらず、より多くの証言を集めてみました。
中でも僕が重要視したのは原爆も戦場も体験していない、いわば“身の丈の戦争体験”でした。例え五体は満足でも、心に負った傷は何十年経とうと癒える事はなく、一生涯つきまとう…。全てを奪う戦争が如何に僕らの生活を侵食していくか。より自分に引き付けて考えるきっかけになればと構成していきました。

今回は詩を計3編読みました。朗々と歌い上げるのではなく口語調で、まるでメソッド演技のように自らに近付けて喋るというスタイルを取ったのは演者としても演出家としても面白い試みでした。これは今後、さらに深化させていきたい技法の1つです。
一方で実質の一人芝居となるこの公演形態において、演者の力量はまだまだです。約20分間を一人で支えるだけの技量がまだまだ足りないと痛感しました。今後の課題として取り組んでいきます。

公演を終えてはみたものの、「8月6日だから」と時節に絡めた一時的なものとして終わってはいけないテーマです。
劇団としての今後の活動はまだ未定ですが、しばらく恋おちは(そして作家である主宰は)こうした一連のテーマに挑んでいく事になると、衝動を覚えています。

※劇団のFacebookページでは公演の様子をいくつか写真に収めています。ぜひ見て下さい※
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【公演情報】朗読公演『風の... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

公演情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL