思索の海辺

壮年部・那由他楽人の個人的思索を書き付けておくブログです。
主に創価学会関係。

功徳とは主観である

2016-11-13 15:39:33 | 思索の断片
 我が子が何かを成し遂げた時に、親は「信心を頑張った功徳だ」と言ってしまいたくなることがあるだろう。
 しかし、学会二世三世たちが言われたくないのも、またその言葉である。
 それも当然で、自身が努力をして成し遂げたことを「功徳だ」と言われてしまうと、努力したことを否定されてしまったかのように感じるのである。ところが、言った側はそんなつもりではなく、信心を頑張ったら功徳があるのだという事を伝えたいと思っているだけなのだ。
 私自身は学会二世であり親でもあるので、どちらの気持ちもわかる。だが、やはり上記の言葉は学会二世にとっては禁句だと思っている。

 そう考えた時、ある出来事をさして「これは功徳である」「これは功徳ではない」という区別を当人以外がすることは不可能だといえる。あくまでも本人が功徳と感じるかどうかであって、客観的に認定できるものではないだろう。
 同じ意味で、「それは功徳ではなくて、魔の通力である」ということも成り立たないことを一言添えておきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本仏論雑感

2016-10-28 22:45:33 | 思索の断片
実に久しぶりの更新となった。
壮年部となって3年、変わらず未だ浅学の身ではあるが、思っていることを書いておきたい。

教学試験に携わる中で「本仏論」という言葉に触れる機会があるが、これはなかなか複雑な内容をはらんでいるように思う。
そもそも「本仏」とは「迹仏」に対する語で、簡単に言えば「根本の仏」ということになる。
そして「本仏論」といった時に議論される内容としては、何を(または誰を)さして本仏とするのかという事になるだろう。

創価学会では、日蓮を「末法の御本仏」としている。
それに対して、「日蓮は自身の本地を上行菩薩としており、本仏であるとは言っていない。だから、日蓮を本仏とするのは間違いである」という見解がある。
もちろんそれはひとつの見解なのだが、その論法で言えば「釈尊は自身を本仏であるとは言っていないので、釈尊を本仏とするのは間違いである」という事も成り立つ。
そのことからも判るように、何が(誰が)本仏なのかを規定するのは、本人の自覚ではなく後世の人間であるという事だ。

であれば、日蓮が久遠実成釈尊を本仏と規定したように、創価学会が日蓮を本仏と規定することに何ら問題はないという事になる。
と同時に、いわゆる日蓮宗が釈尊を本仏としていることも何ら問題ないということになる。

つまり、「何を本仏とするのか」という議論と「日蓮は何を本仏としたのか」という議論は、別物であるという事だ。
この点が混同されてしまっているから、議論が建設的なものではなく相手への批判に終始してしまうのではないだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常随給仕

2015-02-05 23:30:38 | 思索の断片

 私は青年部時代「日興上人は、常に日蓮大聖人のおそばに仕えていた」と習っていたが、じつはそうでもないようである。
 
 大白蓮華2014年12月号に掲載されている「法華証明抄」の解説には、以下のような一文がある。

『本抄を認められる3日前には、弟子に代筆させて、時光へのお見舞いの書状を送られています』
 
 その書状は創価学会版の「日蓮大聖人御書全集」には収録されていないが、「平成新編日蓮大聖人御書」と「平成新修日蓮聖人遺文集」には収録されており、それぞれ《伯耆公御房消息》《伯耆房御消息》と名付けられている。
 内容を要約すると、薬王品の28文字を記したものを同封し、これは日蓮の母が病で命を落としそうになった時に服して命を長らえたものなので、焼いた灰を浄水に溶いて重病の南条時光に服用させるように伝言したものである。

 今月の大白蓮華に掲載されていた御書講義にも書かれているが、この伯耆房とは日興のことであり、この書状を代筆したのは六老僧の一人、日朗である。つまり、当時病を得ていた日蓮は、日朗に代筆させて日興に手紙を送ったという事になる。
 これが何を意味するかというと、少なくとも法華証明抄執筆時に日蓮の近くにいたのは日朗であり、手紙を出して指示を伝えるような距離にいたのは日興であったという事である。
 
 また、この法華証明抄は弘安5年述作とされているが、同じ日興宛の「伯耆殿等御返事」は弘安2年10月、今月の御書講義である「異体同心事」は文永~建治年間と推定されていて、この間にあたる8~10年間、日興は基本的に駿河・富士方面にいたと考えてよいと思われる。

 ご存知の方には今更な話かもしれないが、誰かのいう事を鵜呑みにすることは意外と危険なのだと改めて認識した次第である。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

宗派性とは何か

2014-01-02 02:39:40 | 書籍引用
「学会は宗派性の殻を破り世界宗教へ飛翔――学者。時代遅れの日顕宗は奈落」

  (2013.11.12聖教新聞「寸鉄」)

…………………………

 随分古い記事からの引用だが、考えさせられる内容だったので。

 「宗派性の殻を破り世界宗教へ飛翔」と書いた直後に「時代遅れの日顕宗は奈落」とある。
 これでは、とても「宗派性の殻を破り」とは言えないように思う。

 表現として適切ではないかもしれないが、宗派性とは「同族意識」的なものであると思う。同じ集団に所属していれば仲間、違う集団に所属していれば「他集団」。それが本質であるように思う。
 ということは、宗派性の壁を破るということは即ち「同族意識」を打ち破ることといえる。そこには、他者に対して「他集団に所属しているかどうか」ということを問題にしない境涯の広さが求められる。

 世界広布新時代に最も必要な精神性は、その部分ではないだろうか。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ご報告

2013-11-02 01:03:13 | 思索の断片
大変にご無沙汰いたしております。
自分としても、まさか今年初めての更新とは思っていなかったのですが…。

時期的にももう大丈夫だと思うので、一応私的なご報告なのですが、この度「進出」いたしました。
それに伴い、ブログの説明の部分も少々変更となります。

以前よりは思索に費やす時間も確保できるかと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

生存報告

2012-12-31 22:52:09 | 思索の断片
毎回更新のたびに「久しぶりの更新」で申し訳ありません。
ちゃんと生きております。

明年もまた激闘の前半戦になります。

私個人としても、恐らく男子部としての最後の数ヶ月間になります。

未来の男子部のために、今できることを精一杯と思っておりますので、相変わらず更新は少ないかもしれません。
その間は、「頑張っているんだな」と思ってくだされば幸いです。

明年が、より良い1年となりますように。


               那由他 楽人
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

創価学会の矮小化

2012-06-25 10:17:17 | 思索の断片
 最近特に感じていることなのだが、創価学会の目的とは何だろうか。

 もちろん「広宣流布」や「世界平和」といった答えが返ってくるかもしれない。
 または、「社会に通用する一流の人間育成」という答えもあるかもしれない。
 「一人ひとりが幸せになること」と答える人もいるだろう。

 しかし、よく考えていただきたい。

 我々が日常やっている活動は、どこまでその「目的」に通じているのだろうか。

 私がますます危惧していることは、学会活動の「哲学性のなさ」である。

 創価「学会」であるはずなのに、学ぶ機会が非常に少ない。
 こういうと、「御書や先生の指導を日常活動の中で学んでいる」と反論されるかもしれないが、残念ながら活動の場で学ぶことのほとんどは「今の戦いに勝つ」事を目的とした、アジテーションとしての「学習」である。そうである限り、そこには「哲学を学ぶ」という姿勢はないといえる。

 哲学性のなさが何に繋がっているかといえば、「創価学会の矮小化」である。

 創価学会が目指しているものを体現しているはずの我々の姿が、「創価学会の利益(りえき)のために行動している」姿になってしまっている。
 本来なら全民衆に寄与すべき「活動」が、「創価学会のため」の活動になってしまっている。
 これは本当に「大乗仏教」なのだろうか。

 今こそ、我々は常に自問自答しながら本当の「前進」をするべき時であると思う。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

見失ってはならないこと

2012-01-31 00:15:07 | 書籍引用
 問 私は大きい闘争になると、最初はがんばっていますが、終わりのほうになると、ほんとうにやりきったという確信が薄らいできます。その点で悩んでいます。悔いのない戦いをするには、どうすればよいでしょうか。

 答 ひじょうにまじめな人であるように思うし、また、思い過ごしをしているようにも感ずる。大きい闘争といっても、やることはなにかといえば、信心指導であり、一対一の折伏であり、一対一の個人指導以外にない。あまり”大きな闘争”ということで錯覚を起こすこと自体、私はちょっとまずいと思う。(笑い)
 自分の自覚として”大法戦だ!”と決意することは、それだけの力が出るという意味において、必要でありますけれども、あなたはあなたとして随力弘通でいいのだ。あなたらしく真心こめて使命を果たした、責任を達成したと思えば、私は立派に大闘争をしたということにつうずると思う。そう確信していきなさい。

 (以下略)

《指導集~質問に答えて 池田大作著 p.134~》

…………………………

 戦いを起こすにあたって、決して見失ってはならない部分を抜粋させていただいた。

 つい大きな目標に目を奪われがちになるが、一番大事なことは「一人でも多くの人が、信心の確信をつかむこと」である。体験を積んでこそ、ひとに語れる言葉も増える。

 まずは、目の前の「ひとり」のために、闘いを起こす決意である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2012-01-01 23:23:49 | 思索の断片
皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は予想通り…といってはなんですが、非常に更新の少ないブログとなってしまいました。

決意なくして達成はありえない…ということで、今年は何とか月1回の更新を目標にしていきたいと決意しております。

どうぞよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

違和感

2011-12-15 02:01:41 | 思索の断片
王地に生れたれば身をば随えられたてまつるやうなりとも心をば随えられたてまつるべからず(撰時抄)


有名な御文である。
2009年に第三文明社から発行された「御書をひもとく」にも収録されているが、私はその通解に以前から疑問を持っている。

同書の通解には、以下のように書かれている。

『王の権力が支配する地に生まれたのであるから、身は従えられているようであっても、心まで従えられているのではない。』

しかし、この通解では違和感がある。

この御文は「平左衛門尉に対しての日蓮の言葉」であるから、本来なら『王の権力が支配する地に生まれたのであるから、身は従えられなさっているようであっても、心まで従えられなさってはなりません』となるべきではないだろうか。

会合や指導などで引用される御文は、どうしても扇動的な性格を帯びる。それがいつしか、本来の意味をはずれた理解のもとに「大聖人がこう仰っている」という引用をされるとなると、それはもはや「大聖人利用」になってしまう。

我々が真になすべきは、「日蓮仏法」「創価思想」とは何かを突き詰めていくことであり、体現していくことであるといえる。そのために大事なことは「誰かの解釈を鵜呑みにする」ことではなく、それを自分自身が納得できるまで突き詰めていくことではないだろうか。

それを忘れたとき、人は「自己責任」を放棄し始めるのだと思う。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加