こちら">
goo

キラキラ/曽我部恵一BAND

素敵です。

この荒々しさ、音楽経験の長い曽我部さんがやるから価値がある。
青臭くって、勢いで突っ走ってる。

繊細な繊細なものをつくることだってできるはずなのに、アシッドジャズな楽曲でお茶を濁すことだってできるはずなのに、こんなに未完成でそれでいて、しっかり届く。
アシッドジャズってどんなのかね?何せ風の便りで聞いた事があるぐらいで。

まあ技術、なんていうものはだいたい、マジックみたいなもので、裏と面があり、種がある。
だから、そんなもん関係ねえし俺、すきっす音楽、で溢れている。
それをただひたすら貫き通したなんかもうアマチュアで自分がたのしけりゃなんでも良いじゃん、何か問題でも?これ問題でも?と聞く事がなにより一番問題なんですよね。言うから、何こっち意識しとんねんと腹立つ仕組み。
反れた。

楽しいなあ。なんとも楽しくてたまりません。

青春狂想曲は秀逸、そのあとの魔法のバスに乗って、も秀逸。
聞いているのはもちろんキラキラ、ああバンドやりてえなあ、との欲望が沸き起こる午後です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 親指のDNA スロウ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。