移ろいゆく日々

移ろいゆく日々
気にとめたことを忘れぬうちに

記憶と感動の低下

2017-05-05 22:36:04 | Weblog
 まだ、感動する力は残っているつもりなのだが、それが記憶に変えられない。木田元の本を読んでメルローポンティの思想の一端に触れた。とても印象深かったのだけど、それが記憶にとどまらない。全く残念なことだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亜人ちゃんは語りたい | トップ | 市場経済の形 »

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL