潮風に乗って−北から南から

船や港に関係する地名を訪ねて、その土地の情報を発信します。

巨大筆で書き初め、たたみ118畳分

2010年01月10日 | Weblog

2010/01/10(日) TBS NEWS
巨大筆で書き初め、たたみ118畳分

TBSニュースで『巨大筆で書き初め、たたみ118畳分』について報じていましたので掲載します。(01/10放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0101/tbs_hiroshima_20100110.asf


 広島市で、日本一大きな筆を使った、たたみ118畳分の書き初めです。
 筆は全国一の筆の産地、広島県熊野町の特製で、墨を含んだ重さはなんと40キロ。

 買い物客が見守る中、書道家の北谷翠峰さんら3人が墨のしぶきを飛ばしながら、「春爛漫」と書きあげました。
 「閉そく感がある世の中ですから、明るく書きたいなと」(書道家・北谷翠峰さん)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 築地でマグロ初セリ、最高162... | トップ | 米、グーグル問題で中国に改善要求 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む