潮風に乗って-北から南から

船や港に関係する地名を訪ねて、その土地の情報を発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NZ地震、「未知の活断層」が原因か

2011年02月27日 | Weblog

2011/02/27(日) TBS NEWS
NZ地震、「未知の活断層」が原因か

TBSニュースで『NZ地震、「未知の活断層」が原因か』
と報じていましたので掲載します。(02/27報道)
 http://nawata02.cafe.coocan.jp/11TV_movies/TBS/0201/tbs_NZ earthquake_20110227.mp4
(少しお待ちください!)

 今回のニュージーランド地震は、クライストチャーチの地下を東西方向に走る「未知の活断層」が起こした可能性の高いことが、ニュージーランドの研究機関の分析で分かりました。
 ニュージーランドには、日本と同様、地下に多くの活断層があることが分かっています。しかし、今回の地震の震源近くでは特に活断層の存在が知られていなかったため、専門家の間では「今まで知られていない『未知の活断層』が地震を起こしたのではないか」と指摘する声が数多く聞かれていました。

 ニュージーランド地質学・核科学研究所は、余震の震源の分布状況などから「未知の活断層」を予測、地図上に黄色の破線で示した部分に長さおよそ17キロの活断層があると分析し、これが今回の地震を起こした可能性が高いと指摘しています。
 また、この活断層の西側(左側)の延長線上には、去年9月の地震を起こした別の活断層が存在していることなどから、研究所は、今回の地震は去年9月の地震の余震であるとみています。


この記事をはてなブックマークに追加