縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

新潟知事選で与党敗北 野党系・米山氏当選 柏崎刈羽の再稼働困難に

2016-10-17 08:53:31 | ニュースまとめ・総合

新潟知事選で与党敗北 野党系・米山氏当選 柏崎刈羽の再稼働困難に

産経新聞 10月17日(月)7時55分配信

 任期満了に伴う新潟県知事選は16日投開票され、無所属新人の医師、米山隆一氏(49)=共産、自由、社民推薦=が、前長岡市長の森民夫氏(67)=自民、公明推薦=ら無所属新人3人を破り、初当選を果たした。東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市など)の再稼働に反対する共産党など野党の後押しを受けた米山氏の当選で、政府や東電が推進する再稼働が困難になる可能性がある。投票率は53・05%で、過去最低だった前回の43・95%を9・10ポイント上回った。

 九州電力川内原発の一時停止を公約とした新人が現職を破った7月の鹿児島県知事選に続く選挙結果で、国の原発政策や安倍晋三首相の政権運営に打撃となりそうだ。米山氏は16日夜、新潟市内で支持者らを前に、柏崎刈羽原発の再稼働について「命と暮らしを守れない現状で、再稼働を認めることはできない」と明言し、反対の姿勢を鮮明にした。

 選挙戦は、米山、森両氏による事実上の一騎打ちの構図。柏崎刈羽原発は原子力規制委員会の審査が終盤を迎えており、再稼働問題が最大の争点となった。米山氏は再稼働に慎重な姿勢を取り続けた泉田裕彦知事の後継の立場を強調し、再稼働反対を前面に掲げて選挙戦を展開した。推薦した共産、自由、社民各党幹部のほか、自主投票を決めた民進党も選挙戦終盤の14日に蓮舫代表が新潟入りし、与野党対決の様相となった。

 一方、森氏を推す自民、公明の与党は幹部らを投入し総力戦を展開。各種業界団体や連合新潟の支持も得たが苦戦を強いられた。知事選は、4選に向け出馬を表明していた泉田氏が8月30日、地元紙・新潟日報の報道に対する不満から不出馬を表明。新人4人が立候補し、激戦となった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市場長更迭も 盛り土“真犯人”... | トップ | 「焼酎特区」の新設検討…少量... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。