縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

豊洲・都報告書 小池氏「甘え、油断あった」「組織運営に問題」痛烈批判

2016-10-01 08:57:10 | ニュースまとめ・総合

豊洲・都報告書 小池氏「甘え、油断あった」「組織運営に問題」痛烈批判

産経新聞 10月1日(土)7時55分配信


 豊洲市場の盛り土問題で、東京都が30日に公表した調査報告について、小池百合子知事は同日午後の定例記者会見で、「組織運営のシステムの問題」と厳しく指弾した。都政改革には職員自身による「自律改革」が必要と訴え、都職員による今回の調査を“試金石”と位置付けてきたが、十分な結果は示されなかった格好だ。「だからこそ都政大改革」と力を込めたが、職員約16万人の巨大組織の意識をどこまで変えられるか。小池改革の実が求められている。

 「ピンポイントで示すのは難しい。空気の流れのように決まっていった」。豊洲市場の盛り土問題について「いつ」「どこで」「誰が」にこだわり、調査を指示した小池氏は落胆の色を隠さなかった。

 報告によると、同問題は5年もの歳月の中で、さまざまな職員が関わりながら決まったが、問題を指摘する職員は一人も出てこなかった。

 「一言でいえば最も大きな要因はガバナンス(統治)です。責任感の欠如です。前の答弁をそのままコピーして使い、チェック不足があった。意思決定プロセスの不備、連携の不足もあります」

 会見で小池氏は矢継ぎ早に都政の問題点を指摘した。「東京大改革」を掲げて知事に就任し間もなく2カ月。混乱した都政を収めるはずが、巨大組織にメスを入れると、次々と新たな問題が噴出した。

 「豊かな財政をバックに、他とは違う行政を進めてきた。大組織ゆえの甘えと油断があった」。小池氏は会見でそう分析した。

 相次ぐ問題発覚で、都政への注目が高まる。この日の会見にも、20台近いテレビカメラが入り、通路にも多くの記者やカメラマンらが座り込んだ。小池氏は「メディアがこんなに都政に注目するのはあり得ない。結果として無責任体質でやれない都政になった」と、改革に向けたチャンスととらえた。

 さらに石原慎太郎元知事が盛り土問題に関して「東京都は伏魔殿だ」と述べたことを引き合いに、「『都庁は伏魔殿』と評論家のように言っているわけにはいかない。改革を進めないといけない」と述べ、「こうしたことが起こらないようにするため、組織の問題を深掘りすることで、大改革を一歩でも前に進めたい」と語った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アゴラ』が蓮舫氏に公開質... | トップ |  安倍首相と野田氏が激突=衆... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。