縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

「焼酎特区」の新設検討…少量製造に免許

2016-10-17 08:54:51 | ニュースまとめ・総合

「焼酎特区」の新設検討…少量製造に免許

読売新聞 10月17日(月)6時13分配信

 政府は、焼酎の少量製造を認める「焼酎特区」の新設について検討に入った。

 酒税法に基づく焼酎の製造免許を取得するには、酒税をきちんと納められる製造規模が必要だとして、1年間で最低10キロ・リットルを製造する必要がある。だが、特区ではサツマイモなど地域の特産品を原料とする場合に限り、より少ない製造量でも免許を与える。

 現在、製造免許を取得するのに必要な量は、ボトル(720ミリ・リットル)換算で1万4000本近くに相当する。離島や中山間地域など人口規模の小さい地域では従業員や原材料の確保などが難しく、東京都の御蔵島村や檜原村から規制緩和を求める声が出ていた。政府は地域ごとに特徴のある焼酎を造りやすくすることで、地方経済の活性化につなげたい考えだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟知事選で与党敗北 野党... | トップ |  稲田防衛相「解散風感じない... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。