縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

失言消えないネットの恐怖 全番組降板の長谷川豊アナだけじゃない あびる優、倖田來未…

2016-10-19 08:46:48 | 芸能・スポーツ
失言消えないネットの恐怖 全番組降板の長谷川豊アナだけじゃない あびる優、倖田來未…



2016年10月18日 17時9分

ZAKZAK(夕刊フジ)


 人工透析に関するブログでの発言をめぐり、全番組を降板することになったフリーアナウンサーの長谷川豊(41)。彼に限らず、ネット時代は不用意な一言が即炎上となり、ヘタすれば芸能人生命を絶たれるリスクも。過去にもうかつな一言で、仕事を失った芸能人は少なくない。

 タレントのあびる優(30)は2005年2月の深夜番組で、過去に集団万引を繰り返し、店を閉店に追いこんだと発言。犯罪行為をクイズにした番組自体も問題視され、あびるの謹慎にとどまらず、番組も打ち切りとなった。

 「幼少期の駄菓子屋での万引体験を誇張したそうですが、ネット上ではいまだにあびるを検索すると万引と出てくる。昔と違い、発言は一生残ってしまうと考えたほうがいい」(放送関係者)

 ラジオでの発言で風向きが変わったといわれるのが、歌手の倖田來未(33)。08年、自らパーソナリティーを務める番組で、「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくる」と問題発言。

 「エロかっこいいキャラで女性ファンを多数獲得し一世風靡していたのに、一気に女性を敵に回してしまいました。ラジオでの発言でしたが、今はすぐにネットに転載されるので“記録”として残り続けてしまう」(芸能サイト編集者)

 イケメンシェフ、川越達也(43)は自身のレストランを訪れた客が「水1杯で800円とられた」とグルメサイトに投稿したことが騒ぎの発端。

 川越が「いい水を出しているのだから当たり前」などと持論を展開したため、ネット世論が爆発。「本人はガラスのドアに顔をぶつけて大けがを負ったためと説明していますが、各局とも使いづらかったことも事実。現在でもメディアに出ると、反発の声が上がっています」と民放関係者。

 「SNSなどネット上での発言は、削除してもすでにコピーされていますから、取り消せない。有名人の不適切発言をチェックすることを生きがいにしている人もいるようですから、芸能プロダクションにもタレントの発言を掲載前にチェックする編集者が必要とされる時代かもしれませんね」(前出編集者)

 便利だが、それでいて怖いネット時代だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日新聞「死刑廃止社説」に... | トップ | お寺の住職が定時退社する若... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。