縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

衆院予算委 批判と憤慨、進まぬ議論

2016-10-01 09:00:41 | ニュースまとめ・総合

衆院予算委 批判と憤慨、進まぬ議論


産経新聞 10月1日(土)7時55分配信


 ■民進、起立・拍手「この国ではないよう」

 ■首相、「どうしてこれが問題になるのか」

 衆院予算委員会で30日に始まった平成28年度第2次補正予算案をめぐる論戦で、民進党は蓮舫代表が掲げた提案路線をよそに政権攻撃を過熱させた。細野豪志代表代行が安倍晋三首相による所信表明演説の際に多くの自民党議員がスタンディングオベーション(立ち上がっての拍手)をして演説が中断されたことを批判し、首相が憤慨する場面も。建設的な議論にはほど遠かった。(沢田大典)

                   ◇

 細野氏は質問の冒頭、「民進党は批判だけにとどまっていると国民にみられている側面がある。変わらなければならない」と豪語した。だが、次に口から出てきたのは批判だった。

 26日の所信表明演説では、首相が自衛隊員らをたたえ、自民党議員が同調して起立し、拍手した。これに細野氏は「首相に促されて拍手するのはどうなのか」と違和感を表明。「自民党議員は安倍首相に拍手しているように見えた」「この国の国会ではないような錯覚すら覚えた」と主観を交えて首相に迫った。

 すると首相は「促していない。どうしてこれが問題になるのか、よく理解できない」と反論。また「『批判だけに明け暮れない』という言葉とは全然違う」「単に侮辱に明け暮れているとしか思えない」と声を荒らげて細野氏を批判し、「補正予算案の建設的な議論をしよう」と訴えた。

 憲法改正では、衆院憲法審査会幹事でもある辻元清美氏が自民党憲法改正草案について「丸ごと憲法改正案を出している国を知らない。異例であり異常であることを首相は認識したほうがいい。押しつけ草案だ」と撤回を求めた。

 首相は各党が案を持ち寄り憲法審査会で議論するよう提案している。辻元氏の発言は「事実上の“民進党改憲案”取りまとめ拒否だ」(自民党中堅)と受け止められた。

 補正予算案に関連予算が盛り込まれている環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)では、福島伸享氏らが自民党の福井照衆院議員による「(TPP承認案は)強行採決」との発言や、輸入米入札で発覚した業者による不透明な取引に関する疑惑などを取り上げたが、予算案の具体的な中身の議論には至らなかった。

 民進党はこの日の質問に計7人を投入。細野氏は質問後の記者会見で「『民進党ここにあり』というのを示せた一日だった」と胸を張ったが、従来通りの「批判型」に終始した印象はぬぐえなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  安倍首相と野田氏が激突=衆... | トップ | 小池百合子都知事の特集番組... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。