縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

蓮舫氏を民進党代表辞任に追いやった「二重国籍問題」の根底にある日本人の志向

2017-08-10 14:46:44 | ニュースまとめ・総合
蓮舫氏を民進党代表辞任に追いやった「二重国籍問題」の根底にある日本人の志向



2017年8月10日 10時0分

週プレNEWS


「都民ファーストの会」が圧勝した7月の東京都議会選挙の結果に大きく揺れているのは、歴史的な大敗を喫した与党・自民党だけではない。

またしても安倍政権に対する批判票の受け皿になれなかった「野党第一党」の民進党では、都議選直後から蓮舫代表の「二重国籍問題」が蒸し返され、ついに蓮舫氏が代表を辞任。その後も細野豪志氏が離党を表明するなど、この期に及んで「内紛」を繰り返す民進党に有権者の視線は冷たい。

蓮舫氏をめぐる問題や、日本社会の「二重国籍」に対する姿勢は外国人ジャーナリストの目にはどう映るのか? そしてなぜ民進党はこの状況でも有権者からの厳しい視線に正面から向き合うことなく、身内の「国籍問題」による足の引っ張り合いで醜態を晒(さら)してしまうのか?

「週プレ外国人記者クラブ」第87回は、日本に長く暮らし、日本人の妻を持つアイルランド人ジャーナリスト、デイヴィッド・マクニール氏に話を聞いた――。

***

─東京都議選が終わるや否や、民進党では蓮舫代表の「二重国籍問題」が蒸し返され、大きな話題になりました。「二重国籍」をめぐる一連の議論をどのように見ていましたか?

マクニール そもそも、日本には国会議員の資格に関して「二重国籍者」を禁ずるという明確な規定はありませんから、明らかな「違法」だとは言い難い。また、私は個人的に蓮舫氏が日本人として、日本のために政治家になったと信じていますから、仮にいくつかの手続き上の問題があったとしても、それは本質的に「大きな問題」ではないと思っています。

しかし、一般の人とは違い、国会議員などの政治家に「二重国籍」を認めるかどうかというのは非常に難しい問題です。また昨年来、国籍問題に関する蓮舫氏の説明が二転三転するなど、この問題に関する彼女の対応の仕方に問題がなかったわけではないし、それが「嘘をついていた」とか「不正確な説明をしていた」と見なされれば、それによって日本の有権者の信頼を失う可能性はあるし、その点では彼女にも一定の責任があると思います。

個人的に、彼女が民進党の代表を辞めた直接の理由がこの「二重国籍問題」だとは思いませんが、これが民進党内の権力争いに利用され、一定の影響があったのは事実で、それは彼女だけでなく党にとっても非常に残念なことだと思います。

ちなみに、蓮舫氏は母親が日本人、父親が台湾人ですが、彼女が生まれた1967年(昭和42年)時点の日本の国籍法は「父系主義」を採っていたため、基本的に父親が日本国籍を持つ子供にだけ日本国籍の取得が認められていました。(※蓮舫氏は85年の国籍法改正に伴う「経過措置」の対象として日本国籍を取得)。逆に母ではなく「父親」が日本人ならば、自動的に日本国籍が付与されていたはずです。

─この問題に関する一連の反応は、日本の「国籍制度」に関する問題や日本人の「国籍観」を反映しているようにも感じます。

マクニール そうですね。蓮舫氏の「二重国籍問題」に対する日本社会の反応を見ていると、日本の社会には依然として強い「同一性」への志向というか、「純粋な日本人」という考え方に対する強い思い入れが存在していて、それが一連の議論にも少なからず影響しているように思います。

ですから、仮に正当な日本国籍を持つ「日本人」であったとしても「他の国のルーツを持つ人」に対する“区別“のような感覚は存在する。もちろん、それは多くの場合“差別”や“嫌悪”ではないのですが、「純粋な日本人ではない」という点に、なんらかのこだわりを持つ人が未だに少なくないのは事実だと思います。

─蓮舫氏の問題の場合、彼女の父親のルーツが台湾人、あるいは広い意味での「中国人」であるということが、さらに反応を大きくした要因であるようにも見えます。仮に彼女の父親がアメリカ人やドイツ人だったら、果たして同じような批判に晒されたのか、と。

マクニール 私もそう思います。今回の問題は「二重国籍疑惑」に加えて、彼女の父方の血が「中国系」であったことが過剰な反応を引き起こしたひとつの要因だったと言えるでしょう。一部の人たちは「中国」と聞くだけで過剰反応を起こし、中国系の血が入っているだけで「スパイだ」などと軽率に口にします。

確かに、中国という国や中国政府に対しては一定の警戒が必要かもしれませんが、それと個人の国籍に関する話をゴチャ混ぜにして根拠なく人格を批判したり、否定したりするのはパラノイア的な反応です。

沖縄の米軍基地反対運動でも同じことが起きています。沖縄の人たちが自分たちの生活を守るために米軍基地への反対運動をすると、それに対して必ず「中国人に操られている」「奴らは中国の手先だ」といったことを言う人たちがいて、挙句の果てには「そのうち沖縄が中国に侵略される」と根拠もなく主張する人たちが現れる。

蓮舫氏の「二重国籍問題」も、単なる国籍に関する問題をそうした「反中感情」に結びつけて民進党内の勢力争いに利用しようという人たちや、あるいは、その外側から民進党自体の信頼失墜に利用しようとする人たちによって、あれほど大きな騒ぎになったのだと思います。そして、その背景には日本人の心の中にある「純粋な日本人」というモノへの志向、あるいは、日本社会の「同一性」への志向があるのだと思います。

─社会のグローバル化が進み、日本で暮らす外国人や海外で暮らす日本人、国際結婚のカップルやその子供たちも増えています。欧米では多くの国がなんらかの形で「二重国籍」を認めている中、それを認めない日本の国籍制度はどうあるべきなのでしょうか?

マクニール いわゆる二重国籍、多重国籍に関する各国の制度は様々で、私もそのすべてを知っているわけではありませんが、そもそもこうした多重国籍の問題は「複数の国の法制度」に関わる問題ですから、仮にひとつの国で制度を作ったとしても、それだけで対処できるとは限らないということを、まずは理解すべきだと思います。

また、仮に複数の国籍を持つ個人が日本国籍を選択したとしても、日本社会の中に根強い「同一性」への志向が残る限り、日本以外のルーツを持つ日本人が差別や区別を受けることなく「同じ、普通の日本人」として生きていける社会は実現できないでしょう。

実は、私の母国、アイルランドもかつては「社会の同一性」への志向が強く、人種差別も多かったのですが、この20年ほどで大きく変わり、今では人口の22~24%がアイルランド以外の国から来た移民で占められていて、社会の多様性を積極的に受け入れる国へと大きく変貌しました。

私も日本人の妻との間にふたりの子供がいて、もうすぐ3人目が生まれるのですが、この子供たちが将来、「異質なモノ」として区別や差別を受けることなく、受け入れられるような「多様性」を日本社会が実現してくれることを祈っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丸山和也議員「次は麻生、岸... | トップ | リア充代行業 50万円使って... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。