縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

滋賀県立成人病センターで医療事故 2千万円で和解

2017-06-14 10:46:32 | ニュースまとめ・総合
滋賀県立成人病センターで医療事故 2千万円で和解


2017年6月14日 8時42分

産経新聞

 滋賀県立成人病センター(守山市守山)で、県内に住む60代の男性の首の後ろの骨を切り開く手術で運動障害が残る医療事故があり、同センターは13日、民事調停が成立する見通しとなったことを明らかにした。

 県は男性に謝罪し2千万円の損害賠償金を支払うといい、20日開会の県議会に関連議案を提出する。

 同センターによると、男性は平成26年12月、右手のしびれを訴え、同センターで首の後ろの骨を切り開くことで脊髄の圧迫を取り除く手術を受けたが、右半身に運動障害が残ったという。

 首の筋肉を骨からはがす際に手術器具が直接脊髄を誤って圧迫したとみられる。同センターは執刀した50代の男性医師を12日付で厳重口頭処分とした。

 男性は大津簡裁に民事調停を申し立て、29年5月に簡裁が調停案を提示。調停は県議会で議決後に成立する見込み。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国で給油所の減少が進んで... | トップ | 、神戸市須磨区のケアマネジ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。