縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

下着が見える男は仕事ができない?知らないと損する「ワイシャツ透け問題」

2017-07-14 12:55:29 | ニュースまとめ・総合
下着が見える男は仕事ができない?知らないと損する「ワイシャツ透け問題」



2017年7月13日 17時0分

東スポWeb


 真夏日が続き、社会人の男性はジャケットを脱いで、ワイシャツ姿が増えてきた。同時にワイシャツの下のインナー(下着)が透けて見える“透け問題”があるのをご存じだろうか。ユニクロLifeWear「エアリズム」は、亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科の重太みゆき教授ゼミMYKと協力し、街頭で「ビジネスマンの夏の服装印象調査」を実施した。

 調査の結果、ビジネスマンの1044人中、733人、つまり約7割がワイシャツの下のTシャツやタンクトップなど何らかのインナーが透けている状態だったという。

 そして、インナーが透けていない写真と透けている写真を見比べて、どういう印象を持ったか、男女に自由回答してもらう調査を行った。その結果は――。

 透けていると「おじさんっぽい」「やぼったい」「仕事できなさそう」「いつも汗をかいてそう」など、与える印象で損をしてしまうことが明らかになった。一方、透けていないと「イケメン」「気遣いができそう」「エリート」「若々しい」と好印象だそうだ。ちなみに最悪なのは、インナー着用なしで素肌にワイシャツが張り付いた状態で「清潔感がない」「ニオイがしそう」とネガティブコメント多数だった。

 それにしても、汗ジミをつくらないためにインナーを着るのに、透けているだけで、こうもひどい印象を抱かれるとは…。しかし、酷暑にインナーは必須。いったいどうすればいいのか。

 印象行動学者の重太教授は「シンプルな服装になるほど、ちょっとしたことで印象を大きく左右します。パッと見の印象は、バストアップの範囲で決まるので、首元のインナー透けは印象を決定付ける大きなポイントです。白いワイシャツに白いインナーはかえって透けが目立つので、ベージュなど目立たない色を選ぶのがポイントです」と話した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「有権者がアホだからアホな... | トップ | 平成25年の横田基地ゲリラ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。