縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

民進党が恐れる、野田幹事長ブーメラン TPP推進の張本人

2016-10-14 09:11:54 | ニュースまとめ・総合
民進党が恐れる、野田幹事長ブーメラン TPP推進の張本人


2016年10月14日 5時57分

デイリー新潮


 秋の政局で、民進党が一番恐れているのが「ブーメラン」だろう。蓮舫代表を支える「蓮根」たるべしと意気込む野田佳彦幹事長(59)に、早くも心配の声が上がっているのだ。何しろ野田氏は首相時代に消費税増税と、TPP参加を強力にプッシュした張本人。宿敵・安倍総理から逆襲されること必至である。

 ***

 9月26日から始まった臨時国会は、2つの重要法案が待ち構えている。

「まず、消費税の増税再延期関連法案です。安倍政権は公約を反故にしたわけですから、当然、責任を追及されても仕方ない。また、TPPの承認案・関連法案もある。しかし、アメリカの大統領候補が2人とも否定的ですから、可決を急いでも水泡に帰してしまうかもしれません」(政治部記者)

 本来なら、安倍政権を追い詰める絶好のチャンスである。そこで登場したのが野田幹事長だった。
「ブーメラン」は必至

「蓮舫代表が野田氏を幹事長に起用したのは、自分を応援してくれたこともありますが“バリバリの保守”と称している彼女と考えも近い。そこで、参院にいる自分に代わって衆院での論戦を託したわけです」(同)

 だが、この“抜擢”が赤松広隆前衆院副議長など、党内の猛反発を食ったのはご存じのとおり。そもそも野田氏といえば、4年前、消費税増税を公約に掲げて解散に踏み切ったものの、自公連合に大敗。政権を崩壊させた“張本人”である。党内からの怨嗟の声は小さくない。

「実際、自公政権に代わっても増税は難関でした。一度は増税に踏み切った安倍総理も、さらなる増税は延期せざるを得なかった。消費税は政権の鬼門なのです。民進党の岡田克也前代表も、景気へのダメージを考えて6月には増税再延期に舵を切っています」(民進党関係者)

 ところが、野田氏は自説を曲げることが出来ず、1人「消費税10%への引き上げは不可欠」、「人情に流されたら国家財政はもたない」と、党の方針と違うことを言い続け、執行部を困らせたのである。
■トーンダウンしても

 民進党関係者が続ける。

「TPPの承認案だって批判しにくい。もともとは菅元総理が交渉参加を表明したものですが、野田氏もオバマ大統領と会談し、“日本はポール・マッカートニーだ。ポールのいないビートルズはあり得ない”“米国はジョン・レノン。2人でハーモニーを”と強調して、ノリノリだった。いわば、TPP推進の立役者なのです」

 さすがに自分の立場が分かっているのか、野田氏は代表質問で、「次の世代より次の選挙を重視した(増税延期の)姿勢は、後世で厳しく批判される」と、トーンダウン。一方のTPPについても、党の方針通り「主要5品目が守られていない」と反対して見せた。だが、本格的な論戦が始まれば、いずれ「どの口で言うか」とブーメランが飛んでくることは間違いない。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏が言う。

「まだ、国民の間に民主党政権時代のトラウマが残っているのに、前原、野田、枝野と相変わらずの人選を繰り返している。だから、自民党から逆襲されてしまうんですよ。この際、かつて党で中枢を占めていた人たちは全員身を引くべきなんです」

 そんな今の民進党にぴったりの一句、

 物いへば唇寒し秋の風(芭蕉)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広告研究会の女子学生暴行騒... | トップ | みのもんた、番組観覧に芸妓... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。