縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

陸自偵察機 墜落現場付近 4人“遺体“で発見 山林えぐられる 北海道

2017-05-16 17:07:00 | ニュースまとめ・総合

陸自偵察機 墜落現場付近 4人“遺体“で発見 山林えぐられる 北海道


北海道ニュースUHB 5/16(火) 12:52配信


自衛隊機の墜落現場。機体の残がいが広がっている=2017年5月16日午前、北海道北斗市、戸田川上流付近

 北海道南部で5月15日、消息を絶った陸上自衛隊の連絡偵察機の捜索で午前11時ごろ、自衛隊機の一部に続き、4人の遺体が相次いで発見されました。

 捜索は、自衛隊など1700人態勢で北斗市を中心に行われていましたが、16日午前11時6分ごろ、捜索中の自衛隊機が袴越山の西側にある戸田川の上流付近で、墜落した自衛隊機の一部を発見、その後、4人の遺体を発見しました。

 消息を絶っていたのは、陸上自衛隊の連絡偵察機「LR-2」型機で、15日午前、札幌市から飛び立ち、函館空港から北西約32キロの地点で、レーダーから消えました。

 連絡偵察機には、機長の高宮城効(たかみやぎ・いさお)1尉(53)、副操縦士のやなぎ(柳の旧字)田智徳3佐(41)、整備員の岡谷隆正2曹(42)と玉木宏伸3曹(28)の男性自衛官4人が乗っていました。

 現在、捜索隊が遺体の身元確認などを急いでいます。

 4人の遺体は函館駐屯地に運ばれるということです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盗撮目的でコンビニエンスス... | トップ |  米朝「想定外の開戦」可能性... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。