縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

藤原紀香、芸能活動やめる気ゼロ!? “芸能界のドン”に嫌われて「ノリノリ紀香」じゃいられない?

2016-10-12 08:54:49 | 芸能・スポーツ
藤原紀香、芸能活動やめる気ゼロ!? “芸能界のドン”に嫌われて「ノリノリ紀香」じゃいられない?

2016年10月11日 19時0分

恋愛jp

近頃は、夫・片岡愛之助さんとの豪華な挙式・披露宴が話題になり、世間では“炎上女優”とも呼ばれるようになった藤原紀香さん。
そんな彼女に新たなニュースが舞い込んできました。

現在、梨園の妻でありながらも芸能活動を続けている紀香さん。
「梨園の妻は芸能活動と両立できるほど甘い仕事ではない」と周囲に言われつつも、聞く耳を持たず、芸能活動をやめる気はさらさらないとか。
さらに梨園の妻は跡取りとなる男の子を産まなければならないため、周囲では45歳の紀香さんの今度が心配されています。

また、本人のやる気とは裏腹に、紀香さんはすでに“芸能界のドン”から見放されたという報道も……。
芸能界の重鎮から距離を置かれたとなると、活動に支障が出てくるのも時間の問題。
これまでのような「ノリノリ紀香」でいることが難しくなってきているのかもしれません。

●「甘い仕事ではない」芸能活動を続ける紀香に批判の声も

10月3日、紀香さんは愛之助さんの主演舞台『十月花形歌舞伎 GOEMON』で、ついに“梨園の妻”デビューを果たしました。
梨園の妻には、歌舞伎界の多くのしきたりを守りながら、自分のことは後回しに夫を第一に支えるという役目があります。
気力と体力を要するハードな生活が強いられるため、メディアだけでなくファンさえも「芸能活動と両立できるほど甘い仕事ではない」と口にしているとか。

また梨園の妻の一番の仕事といえば、跡取りとなる男の子を産むこと。
現在45歳の紀香さん。
関係者の間では、子作りを考えるなら芸能活動に専念する余裕はないのでは?という声も上がっています。

しかし、周囲からの忠告をものともせず、紀香さんは現在も芸能活動を続けています。
6日には『虹の架け橋まごころ募金コンサート』に司会として出演。
7日には『台湾エクセレンス』のPRイベントにも出席し、ロングドレス姿を披露しました。

またブログでは、来年の活動予定もPRしている紀香さん。
2017年2月には出演映画『サバイバルファミリー』が公開され、同月からは『にっぽん演歌の夢祭り2017』で全国主要都市を回る予定だといいます。

●“芸能界のドン”が慶事に欠席! さすがの紀香もピンチか

しかし、紀香さんが今後の芸能活動に意欲を見せている一方で、芸能関係者からの目は冷ややか です。
それを裏付けるように、今回の挙式や披露宴には“芸能界のドン”と呼ばれる芸能プロ社長が現れなかったとか。
この“ドン”は、紀香さんのデビュー当初から後ろ盾となってきた人物で、その他にも、他系列の芸能プロ社長、出版社社長など、ドンの盟友で構成される“芸能界の重鎮”たちが今回の慶事にすべて欠席していたといいます。

紀香さんが“ドン”の怒りを買ってしまった原因は、愛之助さんとの結婚報告を後回しにしたからという見解も。
いずれにせよ、芸能界での大きなコネクションが破綻してしまったとなると、彼女にとっては非常事態。
特に梨園の妻として「夫の公演チケットを完売させる」役割がある彼女にとって、頼れる芸能界の“お得意様”をなくしてしまったことになります。
果たしてこうした状況で、これまでのように「ノリノリ紀香」でいられるのかが注目されています。

●「職業=藤原紀香」「活動自粛するわけない」ネットの反応は?

『目立つことが大好きなノリノリ紀香。そんな彼女が活動自粛するわけない』

『紀香ねぇ……この人おとなしく妻だけやれないのかしら』

『もはや「職業=藤原紀香」。女優っていうか「藤原紀香」っていうジャンルだよね。自分の道突き抜けてて、もはや敬意さえ感じる』

『自分たちのやりたい放題でやってるんだから、そりゃ敵だらけになるわな』

『ついにドンにまで嫌われるとは……。それでもめげないノリノリカ!』

『正直、歳も歳だし、誰も跡取りなんて期待してないと思う』

『紀香は愛之助よりも、“梨園の妻”っていう立場を手離したくないんだよ。泥沼離婚が目に見える』

ネットでは、梨園の妻デビュー後も芸能活動に専念している紀香さんに対して、もはや敬意まで感じる人も……。
「女優」という枠に収まらない彼女の活躍は、今後も何かと話題になりそうです。

----------

“芸能界のドン”の怒りを買ってしまったとされる紀香さん。
果たしてこの状況で、梨園の妻と芸能活動の両立はできるのか……。
今後の彼女の動向に注目です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土屋太鳳、あのイケメン“2世... | トップ | 吉野家バイト「想像以上にキ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。