縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

ピアスをしている人がサロンに行く際に注意すべきこと

2017-06-13 13:44:22 | 珍事件・事故・その他・コラム
ピアスをしている人がサロンに行く際に注意すべきこと



2017年6月13日 12時31分



頭美人

ピアスをしている人は、カットやパーマをしてもらう際に、いくつか注意することがあります。

ピアスは、サロンでのトラブルにつながる可能性があるからです。

今回は、ピアスをしている人の、サロンでの対策方法を紹介します。
サロンではピアスは外しておいた方が良い

ピアスをしていることがサロンで問題になることとしてまず挙げられるのが、カット中のハサミやパーマやカラーの薬剤によって、ピアスが傷つく可能性があるということです。

万が一ピアスが傷ついた場合は、揉めることになる可能性もあるので、お互い良い思いをしません。

ですので、ピアスをしている方は、サロンに行くときはトラブル回避のため、ピアスをあらかじめ外しておいた方が良いです。
ピアスはカットやパーマなどの施術の際に危険なのか?

サロンでのピアスによるトラブルは、あらかじめピアスを外しておくことで、ほとんどが回避できます。

しかし、ピアスの穴を開けたての場合、ピアスを外していても危険性が高いです。

ピアスの穴は、穴がしっかり開くまでは化膿や炎症などが起こりやすいため、非常に注意を払う必要があります。

サロンでの施術でも、カラーやパーマなど強い薬剤を使用する施術は、薬剤による化膿のリスクが高いです。

特に、開けたてのピアスの穴は、化膿しやすいので危険性が大きくなります。

カットのみの場合でも、普段とは違うシャンプーを使うことや、タオルによる摩擦など、ピアスの穴が化膿するリスクは複数あるため、ピアスの穴を開けたての場合はサロンは控えた方が良いです。
対策方法

ピアスを開けたあと、通常通りサロンへ行けるようになる目安は、穴を開けてから大体6週間後とされています。

穴を開けて6週間以降に、「ピアスホールが乾いている」「ピアス穴に痛みがなく分泌物も出ていない」「ポストを楽に回せる」といった状態になっていれば、通常通りサロンへ行くことができます。

このようなことから、ピアスを開ける時には、直前にサロンへ行っておいたほうが良いです。

また、初めてピアスを開けた時など、穴の状態が把握できていない場合は、皮膚科で相談してみると良いですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 度胸ある? 周りの目なんて気... | トップ | フジテレビ『27時間テレビ』... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。