縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

安倍首相&小池都知事“一枚岩”東京10区補選で若狭氏異例の応援“グリーン共演”

2016-10-17 08:58:48 | ニュースまとめ・総合

安倍首相&小池都知事“一枚岩”東京10区補選で若狭氏異例の応援“グリーン共演”


スポーツ報知 10月17日(月)6時5分配信


 小池百合子氏(64)の東京都知事への転出に伴う衆院東京10区補選(23日投開票)が16日、ラストサンデーを迎えた。東京・池袋駅前で行われた自民党公認候補の若狭勝前衆院議員(59)の街頭演説に、安倍晋三首相(62)と小池知事らが応援に駆け付けた。首相が補選の応援演説に立つのは極めて異例。都知事選の“百合子フィーバー”の再現となる約5000人の聴衆が集まる中、知事のグリーンの勝負服と同じ緑色のネクタイを着用するなど、小池氏との“一枚岩”を猛アピールした。

 午後3時14分。自ら「戦闘服」と呼ぶグリーンジャケット姿の小池氏が池袋駅前の街宣カーの屋根に登場すると、沿道などに集まった約5000人から「百合子コール」が湧いた。続いて安倍首相が公明党の山口那津男代表(64)と現れ、小池氏とガッチリ握手を交わした。

 演説に立った小池氏は、自身の選挙最終日とほぼ同数の聴衆を見渡し、都知事選で現職国会議員として唯一応援に駆け付けた若狭氏を「後継者」に指名。さらに、緑色のたすきをした若狭氏を挟んで並んだ首相の胸元をチラリ。「総理のネクタイも緑でございます!」とうれしそうに話した。

 安倍首相は「緑のネクタイをしてますが、朝から青汁2杯を飲んで腹の中から緑になっている」と返すと、小池氏は大笑い。自民党が小池氏と対立した都知事選に触れ「小池さんが圧勝した。都民の意思が示された以上、協力していくのは当然」と“しこり”の解消を強調した。

 安倍首相は都知事選でも自民党公認候補の応援演説に立たなかっただけに、この日は極めて異例の応援となった。小池氏とは選挙直後から関係改善を図り、知事就任直後の官邸での会談では「きつい一本を取られました」と持ち上げ、2020年東京五輪・パラリンピックの支援を確約。党に反旗を翻したことについても不問とした。

 安倍首相が小池氏にここまで気を使う背景には2つの要因が浮上する。1つは、都知事選で圧勝し、水面下で日本維新の会や地方議員らとの連携を強める小池氏の「新党」たち上げへの警戒感。2つ目は「利害一致」だ。東京五輪・パラリンピックに向けて、大会組織委員会の森喜朗会長(79)が事実上主導する立場にあるが、小池氏と“犬猿の仲”。首相も森氏と疎遠な状況が続いており、小池氏と組むことで大会をリードしていきたい思惑が透ける。

 一方で、練馬区内の街頭演説には、若狭氏が所属する石破派の領袖の石破茂前地方創生相(59)が駆け付けた。「政治は誰が、いつ、どこで、何を決めているか分からないということがあってはならない」と、都知事選で自民党都連を批判した際に使った小池節を引用し熱弁。12年の自民党総裁選で自身を推した小池氏との“蜜月関係”を首相に負けじとしっかりアピールしていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  稲田防衛相「解散風感じない... | トップ |  民進党にしのび寄る「共産党... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。