縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

北朝鮮「在日米軍打撃する核ミサイル訓練」

2017-03-08 09:07:33 | ニュースまとめ・総合

北朝鮮「在日米軍打撃する核ミサイル訓練


中央日報日本語版 3/8(水) 8:52配信



北朝鮮の国営メディアは7日「今回(6日)の在日米軍基地弾道ロケット打撃訓練は核戦闘部(弾頭)取り扱い秩序と迅速な作戦遂行能力を判定検閲するために進められた」と明らかにした。これは北朝鮮が核弾頭を組み立ててミサイルに搭載する実験までしたということだ。この実験は戦略軍火星砲兵部隊がしたもので、昨年7月にも弾道ロケット発射訓練をした。当時北朝鮮は「核弾頭爆発操縦装置の動作特性を検閲した」とだけした。すなわち昨年7月にした実験は核弾頭が正常に爆発するかを点検したものなら今回は核弾頭組み立てとミサイル搭載実験までしたという主張だ。こうした北朝鮮の発表が事実であるならばミサイルに搭載する核弾頭をすでに作った状態という意味となる。核ミサイルの実戦配備に一気に近づいたという意味だ。

科学技術政策研究院のイ・チュングン専任研究委員は「北朝鮮が『取り扱い秩序』と表現したのは模型弾を利用して核弾頭を組み立て配置する順序を検証したことを意味する」と話した。軍出身である慶南(キョンナム)大学極東問題研究所のキム・ドンヨプ教授は「北朝鮮の主張が事実ならば北朝鮮が今回東倉里(トンチャンリ)発射場近くに核弾頭を秘密裏に保管しているという意味にもなる。だが北朝鮮が核能力を過大包装している可能性も排除することはできない」と指摘した。東倉里発射場は北朝鮮が米国本土を射程距離に入れることを目標に大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験をしてきたところだ。

国家情報院は7日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対し「(北朝鮮が)1度に4発打ち上げたのは新しいこと。(韓米の)高高度防衛ミサイル(THAAD)配備が必要ないということを示し米朝関係を新しくしようという意味があるものとみられる」と明らかにした。国家情報院はこの日李炳浩(イ・ビョンホ)院長が参加する中で国会で開かれた国会情報委員会でこのように報告したと自由韓国党所属の李哲禹(イ・チョルウ)情報委員長が伝えた。国家情報院はまた、北朝鮮が今回の発射で「(中国にも)だれもわれわれに触れることができないということを見せつけたようだ」と明らかにしたと李委員長は紹介した。

一方、北朝鮮が発射したミサイルは全5発で、このうち1発は発射に失敗したと米CNNとNBCが政府当局者の話として現地時間6日に報道した。国防総省のデービス報道官も「ミサイル4発が海に落ちた。われわれが言及していないさらに多くの数のミサイル発射がありえる」と話した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釜山に今度は「徴用工像」 ... | トップ |  基地反対運動リーダーら公判... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。