縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

スマホはDSDS時代へ!ガラケーユーザーは絶対チェックするべき理由「もうケータイ2台持ちは必要ない?」

2016-10-19 12:11:43 | ニュースまとめ・総合
スマホはDSDS時代へ!ガラケーユーザーは絶対チェックするべき理由「もうケータイ2台持ちは必要ない?



2016年10月19日 11時29分

livedoor

2016年は格安スマホが、普及し始めただけでなく、大きく進化した年でもあった。
その進化とは、カメラやディスプレイのことではない。

「DSDS」がついに利用できるようになったのだ。
「DSDS」対応のスマホを使用すれば、ガラケーとスマホの2台持ちは、必要なくなるかもしれないのだ。

●そもそも「DSDS」って?
「DSDS」と聞くと、「新しいゲーム機かな?」と思うかもしれない。
実はコレ、凄い機能なのだ。

「DSDS」というのは、「デュアル・SIM・デュアル・スタンバイ」の略である。
つまり、1台のスマホに、2枚のSIMカードを差し込んで、両方の通信を同時に待ち受けできますよという意味なのである。

過去にも、2枚のSIMカードを差し込めるスマホはあった。
しかし、これらは
海外でのみ利用できるネットワーク(GSM)と、LTE(3G)しか使えない仕様だったのだ。

したがって、GSMが利用されていない日本国内ではLTEだけしか使えない。
国内で使うには、SIMカード1枚用のスマホと同じだったのだ。

しかし、今回、搭載された「DSDS」は、
通話用の「3G」とインターネットなどで利用する「LTE」のダブル待ち受けが可能なのだ。
そのため、
・大手キャリア契約の通話し放題契約SIMを入れておける
・インターネット用にデータ通信の格安SIMも入れておける
・両方のネットワークを同時に待ち受けできる
・2枚とも通話対応SIMであれば、1台のスマホで違う電話番号で電話かけたり、受けたりできる
というメリットがある。

いままで「通話用はガラケー、ネット用は格安スマホ」と2台持ち歩いていた人は、これからは1台で済むようになるのだ。

●「DSDS」ならではの注意点
ここまで書くと、「荷物も減って、2台の充電も必要なくなり、楽になる」と思う人もいることだろう。
しかし、同時に注意点も忘れてはいけない。


・通話中にモバイルネットワークでネットをすると通話用SIMのネットワークを使う
・2契約同時待ち受け中はバッテリーの減りがやや早くなる
・モデルによっては、SIMカードを2枚入れるとmicroSDカードが入らない
というものだ。

特にイヤホンマイクで通話しながら地図やネットカレンダーをチェックする場合は、ネット用の契約SIMではなく、通話用SIMのネットワークを使ってしまうことを忘れてはいけない。

この問題を回避するには、スマホをWi-FiスポットなどのWi-Fi接続するとよい。

また、異なるネットワーク(通話用、ネット用)を同時に待ち受けさせることで、スマホのバッテリー消費がやや早くなってしまうことも理解しておこう。

●「DSDS」ができるスマホはまだ一部
しかし、メリットの非常に多い「DSDS」。
すでに対応スマホもいくつか登場している。

主な対応スマホは以下だ。
・Moto Z(モトローラ)
・Moto Z Play(モトローラ)
・Moto G4 Plus(モトローラ)
・ZenFone 3(ASUS)
・ZenFone 3 Deluxe(ASUS)
・RAIJIN(雷神)(フリーテル)
・KIWAMI2(極2)(フリーテル)
・BLADE V7 MAX(ZTE)
・AXON 7(ZTE)
・AXON mini(ZTE)
このように、すでに10モデルほどが「DSDS」に対応している。

今後は、格安スマホを選ぶうえで「DSDS」対応が、大きな基準になることだろう。
ケータイ2台持ちをしている人は、「DSDS」対応モデルを検討してみると良さそうだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “昭恵人脈”の危険性…大麻所持... | トップ | 電通 社員自殺前に「是正勧... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。