縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

医科歯科大事件 被害者の知人が語る医大生が嫉妬に狂ったワケ

2017-05-12 16:56:23 | ニュースまとめ・総合
医科歯科大事件 被害者の知人が語る医大生が嫉妬に狂ったワケ



2017年5月12日 10時26分

日刊ゲンダイDIGITAL
 1人の女性をめぐるトラブルだった。

 東京医科歯科大歯学部付属病院で9日、男性歯科医Aさん(41)が日本医科大医学部4年の渡辺祐介容疑者(30)に牛刀で刺された事件。

 渡辺容疑者は診察時間帯に同病院の6階にある外来の処置室に押し入り、Aさんに対し、「てめー、何してくれたんだよ!」と大声で叫びながら、いきなり切りつけた。調べに対し、「付き合っている女性との関係で、(Aさんと)トラブルがあった」と話しているという。

「渡辺容疑者は犯行現場から数百メートルほど離れたマンションで、彼女と同棲していました。1LDKで家賃が月15万円超の高級物件です。渡辺容疑者は『(Aさんとは)以前から個人的な付き合いがあった』と供述していますが、交際相手の彼女は『(Aさんについては)話したくありません』とかたくなです。三角関係のもつれの可能性が高い」(捜査事情通)

 なぜ、部外者の渡辺容疑者が数人の医師や看護師がいる中、怪しまれずに現場に侵入できたのか。

「持参した白衣姿で処置室に向かったため、誰もおかしいとは思わなかった。(渡辺容疑者は)両手に牛刀とペティーナイフを持ち、それを振り回しながらAさんに襲い掛かったといいます。処置室近くのトイレからは、別の包丁1本が入ったショルダーバッグが見つかりました。ただ、白衣姿とはいえ、Aさんがその時間帯、6階の処置室にいることを事前に知らなければ、犯行は難しい。その手口といい、計画性と準備の周到さから、相当な恨みを持っていたのは間違いないでしょう」(病院関係者)

 関係者によると、渡辺容疑者は2005年に千葉県内の私立高を卒業後、10年ごろに私立医大ではトップクラスの日本医科大に入学。一方、Aさんは東北地方出身で、都内の私大歯学部を卒業後、東京医科歯科大に勤務していた。

 Aさんをよく知る歯科医が明かす。

「Aさんはイケメンで、おまけにお金も持っていたから女性にはよくモテました。若い頃から女性関係が派手で、それを疎ましく思う男も少なからずいた。もしかしたらAさんの女性に対する振る舞いを見て、若い彼(渡辺容疑者)は未来を捨ててしまうほど嫉妬に狂ったのかもしれません」

 Aさんについて、同大に問い合わせたところ、「大学としては(被害者の名前を)把握していません」とのこと。

 交際相手の女性に話を聞こうと、2人が住むマンションを訪ねたが、応答はなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元京王バス東の運転手・鎌田... | トップ | 痴漢行為訴えられた男性がビ... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。