縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

給食食中毒のり訴訟 業者「御坊市が提供」VS和歌山県知事「当然争う」 

2017-06-13 13:31:13 | ニュースまとめ・総合
給食食中毒のり訴訟 業者「御坊市が提供」VS和歌山県知事「当然争う」 



2017年6月13日 8時22分

産経新聞

 和歌山県御坊市の市立給食センターで一括調理された学校給食を食べた小中学生ら800人以上が下痢や腹痛などの症状を訴えた集団食中毒で、県から営業停止処分を受けた同センターを運営する調理委託業者の「シダックス大新東ヒューマンサービス」(東京都)が、処分の取り消しを求め、和歌山地裁に提訴していたことが分かった。

 5月1日付。6月12日の定例会見で仁坂吉伸知事は「当然、争わないといけない」と述べた。

 訴状などによると、大阪市の食品加工業者が提供した「きざみのり」を使用したが、御坊市が調達した食材であり、過失はなく、営業停止処分は違法などとしている。

 今年1月下旬の集団食中毒の発生後、県は同社が運営する同センターの運営状況を調査。14日間の営業停止処分を出した。今年2月に東京都内の小中学校で発生した集団食中毒の原因が、御坊市の調達先と同じ大阪市の食品加工業者が提供した「きざみのり」と判明した。

 処分後、同社は県内外の24自治体の給食事業の参加資格の停止や指名停止を受けており、同社は、「食中毒の過失はなく、創業以来食中毒事故がなかった当社のブランドが毀損された」と主張している。

 一方、県側は、答弁書をまとめ、近日中に同社側に送付する方針。営業停止処分について、県食品生活衛生課の担当者は「県内でこれ以上、食中毒の被害が拡大しないようにとった適切な対応。処分の取り消しに応じることはできない」と争う方針を示している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孤独死の現場で働く「特殊清... | トップ | 男性を脅し金を奪い取ろうと... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。