縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

【外信コラム】安倍首相の「毛頭考えていない」にかみつく韓国マスコミ

2016-10-15 16:18:58 | ニュースまとめ・総合

【外信コラム】安倍首相の「毛頭考えていない」にかみつく韓国マスコミ

産経新聞 10月15日(土)15時30分配信

 あれは金泳三(キム・ヨンサム)大統領時代(1993~98年)のことだったか、大統領の対日姿勢が反日に急旋回した際、「あまりに唐突だ」と書いたところ政府広報官から呼び出しを受け、「“唐突”とは国家元首への冒涜(ぼうとく)だ」と激しく抗議されたことがある。はて?

 抗議を聞いて結局、笑ってしまったのだが、韓国では「唐突」というと「身のほど知らず」「向こう見ず」の意味で、どこか「バカなやつのすること」といった強い否定的な言葉と分かった。日本では単に「急に」とか「突然」という意味に使う。政府当局者には「日本の記者が日本の新聞に日本語で書いているのだから抗議はおかしいのでは」と、笑いながら懇切に日本語の解説をしてあげた。

 最近、安倍晋三首相が国会答弁で、慰安婦問題に関連する新たな謝罪の手紙について、「毛頭考えていません」と述べたことに対する韓国マスコミの反応も同じ類いだ。「毛頭」を「毛の先ほども」と直訳し「侮辱的だ」「蔑視だ」といって興奮し怒っているのだ。

 “アベたたき”には何でも飛びつき世論を扇動する韓国マスコミだが、首相からすれば「少しも」「まったく」といった意味で、「侮辱、蔑視のつもりは毛頭なかった」はず。漢字語は日韓でニュアンスの差があってお互い難しいですねえ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  核実験連発の「北朝鮮」は恐... | トップ |  <政活費不正>宮城県議長 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。