縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

任天堂がファミコンを復活させた理由。往年の名作30本の満足度は?

2016-10-18 06:05:38 | 珍事件・事故・その他・コラム
任天堂がファミコンを復活させた理由。往年の名作30本の満足度は?


2016年10月17日 6時0分

週プレNEWS

1983年に発売され、国民的ゲーム機となったファミコンを約60%に縮小した手乗りサイズの“ミニファミコン”こと『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』(5980円・税別)が11月10日に任天堂より発売される。

これは、見た目は完全にファミコンそのものだがカセット交換タイプのハードではなく、あらかじめ収録された往年の名作30本をホームメニューから選んで遊べるというもの。

でも、なぜ今、ミニファミコン登場なのか? 非正規品ではあるもののファミコン互換機は溢(あふ)れるほど世に出回っている。にもかかわらず、オフィシャル商品を出す意味とは…。そこで、発売に至った経緯を任天堂の広報さんに直撃!

* * *

「この商品は特定のアニバーサリー企画とタイアップしたり、限定発売商品ではございません。HDMI端子を備えたTVやモニター、市販のUSB電源供給デバイスが普及した今だからこそ、手軽に持ち運べるコンパクトサイズにして、お買い求めいただきやすい価格で提供できることになりました。昔、リアルタイムで遊んだ方たちにも、リアルタイムではない方でも当時、社会現象を巻き起こしたファミリーコンピュータを是非体験してほしいと考えております」

とはいえ、実は何か裏事情もあるのでは…? というわけで、元任天堂社員でハード開発にも関わっていたS氏にも伺ってみました。

「私が関わったニンテンドーDSの開発当時やその前にもこのような企画は上がっていませんでした。おそらくニンテンドー3DSやWiiUが発売されてから次世代期NX発売まで時間が空いていることもあり、何か出したいくらいの感覚で立ち上がったのではないでしょうか」

ミニファミコンだったら、出せば売れるって予測もできたでしょうし?

「利益ももちろんですが、最近の任天堂の傾向として“amiibo(アミーボ)”(ゲームと連動する任天堂のキャラクターフィギュア)のように持つ楽しみ、触る楽しみを得られる商品戦略を意識しているように感じます。ゲーム以外でもコレクション要素の強いモノを作って売ることに積極的になっているように思うのです。

今回のクラシックミニもまさにそれで、コレクションしたい、ノスタルジーをくすぐりたいという消費者のニーズに応えたのではないかなと感じますね」

なるほど。では、その気になる今回の収録タイトル30本のラインナップだが…。『ドンキーコング』に『マリオブラザーズ』『スーパーマリオ』といった初期作からファミコンディスクシステム『悪魔城ドラキュラ』やスーファミ『スーパーマリオUSA』まで。これらにレトロゲーム専門店の店長たちからは大絶賛の声が上がっている。

●レトロゲーム専門店「スーパーポテト秋葉原店」北林洋平店長

「ややコンパクトになってるとはいえ、当時のパッケージや本体まで再現した商品を任天堂が出してくれるなんてこの上なく嬉しいです。『ゲームセンターCX』の放送やYoutubeなどに上がっているファミコン動画等で確実にレトロゲームファンの層は広がっている感があるので、これは売れると思います!」

●レトロゲーム専門店「BEEP秋葉原店」駒林貴行店長

「まず先行で発表されたアメリカ版『NES Classic Edition』もネットで大注目されていた中でのミニファミコン発売はいちファン的にも嬉しかったですね。5980円は随分安いし、多すぎず少なすぎない30本のラインナップも1年は十分に遊べます。ただまぁ、ハドソンの『ロードランナー』や『スターソルジャー』が入ってないのは残念でしたけど…」

また、ファミコン芸人・フジタからは、絶賛の声とこんなプチ不満も…!

「今回の30本の中に『アトランチスの謎』が入ってますが、コレはもう僕を意識したラインナップとしか思えません! 僕は日本最速で『アトランチスの謎』をクリアできる唯一の芸人なので! ただ、ラインナップに『つっぱり大相撲』がありますが、確かに人気でしたけどメジャー感には欠けるし、即死ゲーの代名詞『スペランカー』とか入れてほしかった…。あとはRPGが『ファイナルファンタジー』しか入ってないので、せめて『ドラゴンクエスト』は入れてほしかったかな」

今回は30本のソフトが収録されたが、今後、この本体で機能拡張されたり、それ以外のゲームが遊べるということはない。当然、ファンとしては、また別のゲームが遊べる第2弾、第3弾の登場も期待してしまうところだが、「申し訳ございません、今、発表できることはございません」(任天堂・広報)とのことだった。

では、とにかくこのクラシックミニを堪能し尽くすしかない! 本体は電源とリセットボタンが元祖ファミコンのまま再現されているものの、リセットボタンは最初からやり直しではなく、“中断ポイント”でゲーム内容をセーブできるといった新機能に時代の流れを感じつつ…。

また、ホームメニューで操作しない状態のまま放置しておくと、デモ動画が流れる等、見てるだけでも楽しめたり、箱のまま部屋に飾ってもシャレオツ感あり…。もちろん、遊べば懐かしくも楽しいミニファミコン、発売が待ちきれないですぞ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池都知事、慎太郎氏に“激怒... | トップ | 柳原可奈子が胸の内「毎日今... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。