縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

中国、マレーシアに軍備「提供」 レーダー・ミサイル設置打診 現地報道

2017-08-13 15:51:32 | ニュースまとめ・総合

中国、マレーシアに軍備「提供」 レーダー・ミサイル設置打診 現地報道

8/13(日) 7:55配信

産経新聞


 【シンガポール=吉村英輝】シンガポールの英字紙、ストレーツ・タイムズ(ST)は12日までに、中国がマレーシア政府に対し、同国南部ジョホール州に中国製のレーダーとミサイル導入を打診したと伝えた。11月にマレーシアを訪問する習近平国家主席が、ナジブ首相と協議入りする見通しという。

 レーダーの種別など詳細は不明だが、中国は「地域対諜報施設」設置も提案しているという。マレーシアのレーダー監視システムが中国に組み込まれれば、南シナ海を含めた地域の軍事情報戦で、中国が主導権を強めることが可能となる。

 提案は、マレーシア東部で9日開かれた東海岸鉄道の着工式後、習氏の特使として式典に出席した王勇国務委員が、同席したナジブ氏に持ちかけたという。同鉄道は、中国が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の一環で、事業費約1兆4千億円の85%を中国が融資し、中国企業が建設する。

 一方、現地のネット・ニュース「マレーシア・インサイト」は9日、中国の兵器売却計画に、最大12台の自走多連装ロケット砲「AR-3」のジョホール州配置も含まれていると伝えた。中国北方工業公司が開発した最新鋭ロケットで、主に地対地攻撃に使われ、射程は220キロとインドネシアのスマトラ島の一部も収める。

 ロケットは、ジョホール州と橋でつながる隣国、シンガポールの脅威となる。同ニュースは、中国のマレー半島南部での制空権拡大について、米軍の関与が強く、中国から“米国の代理人”とみられているシンガポールの「泣きどころ」になるとの見方を伝えた。

 マレーシアのジョハリ国防副大臣はSTに、中国からの打診を「知らない」とし、ジョホール州へのロケット配置報道も、シンガポールとの友好をゆがめさせる「悪意」と非難した。

 外交筋は、ジョホール州に展開するマレーシア陸軍が、ロケット砲とレーダーとを組み合わせれば、「南シナ海への対艦攻撃などにも活用できる」と指摘。ただ、中国への軍事的な依存は、「バランス外交」の原則に反し、非現実的とみている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【北ミサイル】韓国、北朝鮮... | トップ | 喜んでばかりはいられない ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。