縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

日教組委員長の不倫相手はガールズバーで働く44歳の元歌手

2016-10-18 06:24:27 | ニュースまとめ・総合
日教組委員長の不倫相手はガールズバーで働く44歳の元歌手



2016年10月17日 16時30分

東スポWeb

 発売中の週刊新潮に東京・池袋のラブホテルに入る不倫現場を撮影された、日本教職員組合(日教組)の岡本泰良(やすなが)委員長(56)が入れ込んだ相手はどのような女性なのか。

 今回の一件は、日教組が「誠に遺憾で、あってはならないこと。組合員や関係団体に心配や不信感を抱かせたことについて深くおわびします」との見解を出す騒ぎに。進退については「適切に対処していく」という。

 岡本氏は大分県教組出身。2008年から今年3月まで日教組書記長を務め、4月に委員長に就いた。ホテル入り口でツーショットを撮られた相手は、元・赤坂のクラブのホステス兼歌手で現在は新宿のガールズバーで働く美女Xさん(44)だ。

「岡本さんはXを気に入っていましたが、赤坂でかなり遊んでいましたから、他店の女と鉢合わせしたくなかったのでしょう。Xが2年前に赤坂をやめる代わりに、彼女の活動をサポートしたのです。Xは結婚して子供が育つまで赤坂から離れていましたが、トータルすると20年近く店に貢献してくれたので、離れるのは痛手でした」(赤坂クラブ関係者)

 Xさんは赤坂のクラブを辞めた後、いじめ撲滅ソングで、シンガー・ソングライターとしてメジャーデビューした。

「たった1年でメジャーデビューしたり、全国行脚するようになった展開は不思議に思いました。公演や講演を全国の学校に短期間で広げることができたのは、岡本さんの人脈と財力が背後にあったのでしょう」と教育業界関係者は語る。

 芸能関係者いわく「Xは学生時代から芸能プロダクションに所属して活動、学内でも目立った美女でした。慶応大学の文化祭のイベントにタレントとして出演したり、広告代理店社長と交際したり、手の届かない存在でした」。

 それにしても、40代半ばでもガールズバー勤務とは驚きだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松任谷由実が「メンヘラ? 早... | トップ | 写真コンテストの入賞作に自... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。