縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

4歳男児が暗算検定1級合格 「頭の中でそろばんパチパチ」

2017-05-05 12:53:38 | 感動ニュース

4歳男児が暗算検定1級合格 「頭の中でそろばんパチパチ」


神戸新聞NEXT 5/5(金) 8:31配信


 兵庫県尼崎市に住む幼稚園児福島一ちゃんが3月、日本珠算連盟主催の暗算能力検定1級に4歳5カ月で合格した。3桁数字の足し算・引き算や、難解な掛け算・割り算を瞬く間に解いてしまう。「頭の中でそろばんパチパチすんねん」と一ちゃん。同連盟の担当者は「最年少合格の統計は取っていないが、4歳で1級を取るのは全国でも珍しい。考えられない」とスーパーキッズに驚く。


 一ちゃんは、珠算塾講師福島大さん(42)の長男。祖母の榮美子さん(70)が塾長を務める。

 物心がついたころから数字に興味を持ち、カレンダーやキッチンタイマーを見せると、すぐ機嫌が直る子だったといい、3歳からそろばんを始めた。

 「本人の興味があるときに教える。飽きたら、それ以上深追いしない」と大さん。好奇心を大切にし、テストの問題も、順番にではなく、一ちゃんのやりたい問題からやらせる。朝40分、夜30分の勉強時間も楽しくこなす。大きな瞳が問題用紙を見詰め、真冬でも汗だくになって解き続けるという。

 珠算連盟の暗算能力検定は10級から始まり、一ちゃんは昨年9月に7級を取得。その後、半年で1級に達した。

 1級は、3桁の足し算・引き算20題、5桁の数字が混じる掛け算・割り算60題を12分以内にこなす。大さんによると、珠算塾に通っている小学校高学年が取得するレベルだという。

 大さんは「毎日練習しているから当たり前と思っていたが、周囲の人に祝福され、改めて息子がすごい、と思った」と話し、2歳の弟も「僕も暗算したい」と意気込んでいるという。

 一ちゃんの次の目標は段位認定試験。あどけない顔で懸命に問題用紙と格闘している。

 将来の夢は、父や祖母のような珠算塾の先生ではなく、「警察官になりたい」と一ちゃん。幼稚園への通園途中に見掛けるおまわりさんに憧れているようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  北朝鮮、異例の中国批判 両... | トップ | 正恩氏、韓国・延坪島砲撃の... »

コメントを投稿