縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

鈴木明子 拒食症の始まりはコーチの助言「1kg減らせば跳べる」

2017-08-09 14:16:51 | ニュースまとめ・総合
鈴木明子 拒食症の始まりはコーチの助言「1kg減らせば跳べる」



2017年8月9日 9時50分

トピックニュース

8日放送の「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)で、元フィギュアスケート選手の鈴木明子が、拒食症に苦しんだ現役時代前半を振り返った。

番組では「拒食症と闘った鈴木明子」と題して、現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する鈴木が、選手時代に体重が34kgまで激減した過去が明かされた。

高校時代から、母親とともに厳しい体重管理をしてきた鈴木。大学時代、長久保裕コーチに「あと1kgだな。1kg減らせば、良いジャンプが跳べる」と言い渡される。ここから、鈴木の摂食障害は始まってしまうのだった。

練習が停滞すると、体重が原因と思い込んでしまう鈴木の肉体は、次第に肉類を受け付けなくなっただけでなく、食べ物を見ると吐き気を催すほど拒食症に冒されてしまう。1カ月に8kgも体重が落ちたそうだ。

一時は練習を中断して実家に戻り、母親と和解したことをきっかけに、次第に食欲を取り戻した鈴木。半年ぶりに練習を再開すると、長久保コーチからも「絶対、戻れるからな」と励まされた。その言葉を励みに、鈴木の拒食症は発症からわずか1年で試合に復帰できるほどに回復したということだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポケモンGO、今プレイしてる?... | トップ | 核禁止条約、実効性を 長崎... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。