縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

“犬猿の仲”野田氏と小沢氏が頻繁に会合 民進・自由党合流か、永田町で憶測

2016-11-08 08:52:56 | ニュースまとめ・総合

“犬猿の仲”野田氏と小沢氏が頻繁に会合 民進・自由党合流か、永田町で憶測

夕刊フジ 11/7(月) 16:56配信


 民進党の野田佳彦幹事長と、自由党の小沢一郎代表が最近、頻繁に会合を行い、永田町に憶測を呼んでいる。かつて「犬猿の仲」と呼ばれた2人だが、「酒を飲んで意気投合した」と語っているという。民進党が、蓮舫代表の「二重国籍」問題で窮地に立たされるなか、「野合」ともいえる「再合流」で現状打破でも考えているのか。

 民進党の蓮舫、野田両氏、支持団体の連合の神津里季生(りきお)会長、逢見直人事務局長は1日夜、都内で会談した。先月の新潟県知事選と衆院補選での対応をめぐり、お互いの溝が深まっており、トップ会談で関係修復を図ったようだ。

 この2つの選挙をめぐり、小沢氏は「(民進党は)解党した方がいい」と痛烈に批判したうえ、連合にも「組合は応援団であって政党ではない」などと噛み付いていたが、その後、矛を納めていた。

 こうしたなか、野田氏と小沢氏は10月29日夜、都内で密会したのに続き、2日夜も都内で会食した。

 野田氏と小沢氏の間には埋めがたい亀裂がある。

 小沢氏は2012年、当時の野田首相が進めた「消費増税」に反発して、旧民主党を集団離党している。野田氏にとって小沢氏は許せない相手だが、民進党の現状はあまりにも悲惨だ。

 蓮舫氏が9月に新代表になったが、「二重国籍」問題を引きずり、政党支持率は10%前後で低迷している。

 来年1月の衆院解散もささやかれるなか、小沢氏率いる自由党の「再合流」で、形勢逆転を狙っているのではないか。

 小沢氏は1日夜、名古屋市のパーティーで、「世間では『犬猿の仲』と言われるが、酒を飲んで意気投合した。過去にとらわれたら未来は築けない」と語った。

 政界の「壊し屋」が動き出した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  豊洲市場 元整備部長、都に... | トップ | サムスン電子を捜索=大統領... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。