縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

ロシアのプーチン大統領は1日、北方領土を日本に引き渡した場合、アメリカ軍が配備される可能性

2017-06-02 10:41:36 | ニュースまとめ・総合
北方領土問題 露大統領「米軍配備」に懸念



2017年6月2日 2時16分

日テレNEWS24

 ロシアのプーチン大統領は1日、北方領土を日本に引き渡した場合、アメリカ軍が配備される可能性があるとの懸念を示した。安全保障問題が領土交渉の大きなポイントであることを明確にした形。

 プーチン大統領は1日、国内外の通信社と会見した。この中で、北方領土で進めるロシア軍の軍備強化について問われた際、北方領土へのアメリカ軍の配備に懸念を示した。

 プーチン大統領「北方領土が日本の主権下に移ると、米軍の基地が配備される可能性がある」

 さらに、アメリカが韓国などでミサイル防衛システムの配備を進めていることを指摘した上で、北方領土での軍備強化は「必要な対抗措置」だと主張した。

 領土問題の解決に向けて、日本が経済協力を進める中、安全保障問題が領土交渉の大きなポイントであることを明確にした形。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道が中国の“北海省”にな... | トップ | 徐々に現実味を帯びる、韓国... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。