縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

「このハゲーーッ!」豊田議員が仰天みそぎ「丸坊主」で復帰か

2017-08-18 14:39:53 | ニュースまとめ・総合
このハゲーーッ!」豊田議員が仰天みそぎ「丸坊主」で復帰か



2017年8月18日 7時0分

東スポWeb


「このハゲーーッ!」と暴言を吐いたあの人が自ら“ハゲ”に!? 元政策秘書の男性に対する暴行・暴言問題で自民党を離党し、問題発覚後の6月から雲隠れ中の豊田真由子衆院議員(42=埼玉4区)が近々、「頭を丸めて政治活動を再開するらしい」との仰天情報を本紙はキャッチした。丸坊主にして出直すのは本当なのか? その真偽を確かめるべく豊田氏への電話直撃を試みた。

 元秘書への暴行・暴言を週刊新潮で6月に報じられた豊田氏。元秘書が在職中だった5月、「このハゲーーッ! ち・が・う・だ・ろ」と怒鳴り散らし、ミュージカル調で「そんなつもりはなかったんです~♪」、赤ちゃん言葉で「あるんでちゅか!」などとあざけったりしたことが明るみに出た。元秘書が録音した音声データも公開され、大騒動に発展した。

 直後、豊田氏は「党に迷惑をかけたくない」と一身上の理由で離党届を提出すると、緊急入院し雲隠れを続けた。

 自民党の党紀委員会は今月10日付で離党届を受理。しかし、豊田氏の消息については「入院したと聞くが、居場所はつかめていない」(自民党関係者)とのことだった。

 本紙は16日、豊田氏が埼玉県某市にある最先端の医療設備が整った総合病院に潜伏していたことを独占キャッチした。

「この病院は入院費が高く、病室も高級ホテル並みに過ごしやすいことで知られている。豊田氏は約2か月間、ここで治療を受けて退院した。その後の足取りはつかめていないが、今月中旬から政治活動を再開することは間違いないとみられている」(永田町関係者)

 来年末までに行われる次期総選挙に向けて再び政治活動を再開させる豊田氏。一方で入院中、元秘書の後任に決まった青森県板柳町の松森俊逸町議(61)が、政策秘書と町議を兼職することに批判が殺到している。その松森氏に対する“カツラ疑惑”では、本人が「髪は地毛です。スプレーで固めてます」と完全否定したことは本紙で昨報している。

 さらに地元では、市民らで構成された「市民が野党をつなぐ埼玉4区の会」から議員辞職を要請する文書が永田町の事務所や自民、公明両党の各本部に郵送される屈辱も味わった。

 豊田氏が「政治活動を再開させたい」という情報は、古巣・自民党の同僚議員たちの間でも話題になっている。

 自民党国会議員は「豊田氏は、退院して盆明けから始動するというんだろう? 一体どのツラ下げて地元の有権者や支援者たちの前に立つというんだ。テレビのニュースだと、暴行した元秘書の男性には、まだ謝罪していないというじゃないか! 恥ずかしくないのかね」と語る。

 本紙が取材を進めると「豊田氏は反省の意味を込めて“坊主になって出直す”準備をしているらしい」と話す永田町関係者もいた。

「普通に政治活動を再開しても非難や批判を浴びるだけで反省したと思われない。“政治家・豊田真由子”の心理からすれば、古巣の自民党が次の選挙で埼玉4区に刺客を送り込むことを恐れている。本人は、衆院選に無所属で出馬して当選し、自民党へ復党することを望んでいても不思議ではないだろう。支援者や有権者に反省・謝罪を態度で示すならば“坊主”は有効な手段だ」

 女性が丸刈りで反省といえば、アイドルグループ・AKB48の峯岸みなみ(24)が2013年、自身のスキャンダルに対して髪を切ったことが世界的に衝撃を呼んだ例がある。元秘書を「ハゲーーッ!」と罵倒した豊田氏が、カツラ疑惑がささやかれる政策秘書を雇って、自らが坊主頭になって再出発するとしたら驚きだ。

 本紙は16日、豊田氏に「お盆明けに政治活動を再開する情報は本当なのか?」「“坊主頭”で再出発するのか?」などと聞くために、携帯電話に連絡を入れた。「トゥルルル~トゥル」との接続音から電話がかかるも、一瞬で「ガチャ!」と切られた。

 先月2日に行われた東京都議選で「自民党が惨敗した“戦犯”だ!」と名指しにされた豊田氏。当時、本紙が電話取材を試みると豊田氏は「私は…電話の主ではありませぇ~ん」とかすれた声で弱々しく話した。今回のガチャ切りは何を意味するのか…。

【坊主復帰の不倫・中川議員には「おしゃれ」批判も】

 不祥事後、頭を丸めて再出発を図った政治家といえば、4月に「週刊新潮」に不倫スキャンダルを報じられ、自民党を離党し、無所属となった中川俊直衆院議員(47)がいる。

 単なる不倫スキャンダルどころか、「ストーカー登録」「重婚ウェディング」など過激な文言が並ぶものだった。

 中川氏は自身のフェイスブックで「家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪。その後はホテルを転々とし謹慎生活を送った。

 7月末に坊主頭で謝罪会見し、「迷惑を掛けた全ての人に心からおわびしたい。許していただけるなら身を粉にして働いていきたい」と述べ、議員辞職しない意向を示した。しかし、「ソフトモヒカンのような、おしゃれ坊主じゃないか」との批判もあった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元マラソン代表・原容疑者「... | トップ | 日本は未来のない国?「利権... »

コメントを投稿