縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

米朝“脅し合い”エスカレート 北の狙いは

2017-08-10 14:38:16 | ニュースまとめ・総合
米朝“脅し合い”エスカレート 北の狙いは



2017年8月10日 13時2分

日テレNEWS24

 北朝鮮が慎重に検討しているとするグアム周辺への弾道ミサイルの発射について、北朝鮮の軍は、4発を同時に発射し、島根県、広島県、高知県の上空を通過する計画であることを明らかにした。韓国・ソウルから藤田賢治記者が伝える。

 9日に発射計画を発表した北朝鮮だが、トランプ大統領が強硬な発言を続けていることを受け、わかりやすい警告を行ったのに通じていないとしてさらに計画の詳細を明らかにした。

─日本の島根県、広島県、高知県の上空を通過し、グアム島周辺30~40キロの海域に着弾するだろう(朝鮮中央放送)

 北朝鮮の軍は9日、新型の中距離弾道ミサイル「火星12型」をグアム周辺に発射する計画を慎重に検討しているとしたが、10日朝、この計画について、4発を同時に発射し、島根県、広島県、高知県の上空を通過すると、その詳細を明らかにした。18分弱飛行し、グアム周辺30~40キロの海域に着弾するもので、今月中旬までに計画を完成させ金正恩委員長に報告するとしている。

 ミサイルが飛ぶ軌跡や着弾点まで詳細に述べることで、アメリカに差し迫った脅威を突きつけると共に、日本をけん制する狙いもあるとみられる。

 北朝鮮の動きを受けてトランプ大統領は9日、アメリカの核兵器を「できれば使わずに済むことを願うが、我々は世界最強の国であり続ける」と強硬な姿勢をみせ、マティス国防長官も「体制の終わりと人民の破滅につながるような行動の検討をやめなければならない」と強い表現で警告。アメリカと北朝鮮双方が強硬姿勢を崩さず、緊張が高まっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島第一原発の敷地内で不発... | トップ | 非大卒者の多くは「学歴」で... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。