縄奥ニュースまとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

米軍、シリア軍機撃墜=爆弾投下受け「自衛措置」

2017-06-19 11:25:36 | ニュースまとめ・総合
米軍、シリア軍機撃墜=爆弾投下受け「自衛措置」


2017年6月19日 7時59分

時事通信社

 【カイロ時事】シリア北部ラッカの近郊で18日、米軍機がシリア政府軍の戦闘機を撃墜した。政府軍機が過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を担うクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」戦闘員の近くを爆撃したためで、IS打倒を目指す米軍主導の有志連合として協力部隊を守る「自衛措置だった」と強調した。

 米中央軍によると、アサド政権派の部隊の攻撃でSDF戦闘員数人が負傷。有志連合は、アサド政権の後ろ盾であるロシアに連絡し、攻撃停止を求めた。その約2時間後、シリア政府軍機が複数の爆弾を投下したことから撃墜。有志連合側は「シリア政府やロシア、同政府を支援する部隊と戦うつもりはないが、有志連合とそのパートナーを脅威から守るのはためらわない」と警告した。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読売新聞の前事務次官のスキ... | トップ |  19日午後、東京・世田谷... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。