縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

睡眠2時間…少年を露店などで無理やり労働

2017-10-19 16:52:31 | ニュースまとめ・総合

睡眠2時間…少年を露店などで無理やり労働


10/19(木) 14:35配信

日テレNEWS24

 暴力団員の夫婦らが、16歳の少年を露店や組事務所で無理やり働かせたとして逮捕された。

 警視庁によると、逮捕された指定暴力団・極東会系幹部の栗原義知容疑者や妻ら3人は、去年6月から5か月にわたり、当時16歳の少年を自宅に住み込ませ、露店や暴力団事務所で無理やり働かせた疑いがもたれている。

 少年は毎日2時間睡眠でほぼ休みなく、琵琶湖など各地の祭りの露店で働かされていた。

 栗原容疑者は「辞めたい」という少年をゴルフパターで殴ったり脅したりした上、通帳などを管理し、逃げ出さないようにしていたという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寿司のきれいな食べ方【大人のマナー特集

2017-10-19 16:44:49 | ニュースまとめ・総合
寿司のきれいな食べ方【大人のマナー特集



2017年10月16日 10時0分

TERIYAKI

普段食べ慣れている日本料理。食べ慣れはしていますが「きれいに食べる」という視点で考えると、意外と知らないことが多いかも。今回は『イラストでよくわかる きれいな食べ方』のご協力のもと、正しいきれいな寿司の食べ方をご紹介します。大事な席で恥ずかしい思いをしないために、きれいな食べ方を学びます。DRESSより転載(2017年10月16日付け)
寿司を食べるときに注意したい5つのポイント
⑴高級寿司店は、必ず事前に予約を
小規模な高級店の場合、予約に応じて仕入れをすることがほとんどです。ですので、理想は1週間前、遅くとも3日前までに予約するように気をつけましょう。予約をする際に、予算や苦手なネタを伝えておくとスマートです。

⑵「おまかせ」か「お好み」か
常連客なら、好みのネタを1貫ずつ頼むようなスタイルも可能です。もしはじめての場合であれば、店の看板ネタや旬のネタをコース料理のように楽しめる「おまかせ」がおすすめです。高級寿司店は、仕入れる食材が日によって変化するため、メニューを置いておかない場合も多いのです。

⑶寿司を食べるのは、手でも箸でもどちらでもOK
手と箸のどちらで食べるべきかよく悩む人がいますが、お店からすれば、食べやすい方でよいのです。それよりもシャリを崩さず、ネタの鮮度を損なわないで食べることの方が重要だそう。なので、自分に合ったスタイルで寿司を楽しめば問題ありません。

⑷ゲタ・サラは手前に下ろさない
カウンターの寿司店では、一段あがったスペースにゲタを置きその上に寿司を並べて食べるのが一般的です。ゲタごと寿司を自分の手前に運ぶ方がたまにいらっしゃいますが、ゲタはそのままにして寿司を食べるようにしましょう。

⑸タバコは店外で
寿司店に限ったことではありませんが、いくらお店が禁煙でなかったとしてもカウンターでの喫煙は避けたいところです。味わいを楽しむ意味でも、喫煙は我慢するか店外で。香水のつけすぎにも注意しましょう。このようなポイントは、ぜひおさえておきたいですね。続いては、寿司のきれいな食べ方をみていきましょう。

(※『イラストでよくわかる きれいな食べ方』12ページより)
寿司のスマートな食べ方
⑴にぎりーー「手」で食べる場合
手で食べる場合は人差し指、中指、親指の3本指でにぎりを持つのがスマートです。醤油はシャリではなく裏返して、ネタの先端部分に少しつけるイメージ。そのときにシャリを崩さないように注意しましょう。

⑵にぎりーー「箸」で食べる場合
箸の場合、シャリと並行に箸を添えることで上手に口に運ぶことができます。ネタと垂直につかんでしまうとと、シャリが崩れやすいので注意が必要です。

⑶軍艦巻きーー醤油はガリを使ってネタの上へ
軍艦の場合もネタと水平方向にシャリの部分を横から掴むのが正解。お箸をそっと添えるようにつかみましょう。醤油はガリにつけ、ネタの上に垂らすのがスマートな食べ方。手で食べる場合も同じ要領で問題ありません。
(※『イラストでよくわかる きれいな食べ方』14ページより)
旬のネタカレンダー
高級寿司店で、ネタを間違えるのは避けたいところ。知ったかぶりせずに店主の旬ネタを聞くのがスマートです。とはいえ、最低限の知識は持っていたいので、旬ごとの基本のネタをご紹介します。

「春」3月から5月
・初ガツオ
・サワラ
・赤貝
・ミル貝

「夏」6月から8月
・コハダ
・アナゴ
・スズキ
・アワビ

「秋」9月から11月
・アジ
・〆サバ
・戻りガツオ
・イクラ

「冬」12月から1月
・マグロ
・ブリ
・ヒラメ
・アンキモ
など、季節に応じた旬のネタは覚えて置きましょう。


知っているようで、意外と知らないマナーの知識が見つかった方もいるかと思います。このほかにも、醤油は「むらさき」、お茶は「あがり」など寿司店ならではの専門用語が存在したりします。ですが、これらはもともと従業員の隠語だった言葉。無理に使う必要はないのです。寿司のきれいな食べ方を知って、大事な席で恥ずかしい思いをしないようにしましょう。お寿司以外にも、きれいな食べ方が『イラストでよくわかる きれいな食べ方』に掲載されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民進党がため込んだ政党交付金という「カネ」の行方

2017-10-19 16:34:42 | ニュースまとめ・総合

民進党がため込んだ政党交付金という「カネ」の行方

10/19(木) 15:31配信

ニューズウィーク日本版


9月の代表選の時点で前原は何をどこまで計算していたのか Toru Hanai-REUTERS
生ける屍の旧党から選挙を経てもいない新党が150億円をついばむ

9月28日午後、民進党の前原誠司代表は「希望の党」との合流を決定するため、両院議員総会を開いた。96年の旧民主党結成から約20年、二大政党制でリベラルの一翼を担った政党の消滅は反対派議員の怒号で大荒れに――そうした予想から、東京・永田町の民進党本部は珍しく記者でごった返した。

党員・都民として言う、民進党と小池さんには失望している

ところが実際には反対を唱える議員が出ることもなく、全員一致で前原の提案を承認。同時中継を見ていた全国の民進党員や有権者の多くはあっけない幕引きに驚くとともに、党組織も代表も存続するのに選挙公認をしないという「事実上の解党」の複雑さにも首をひねった。

民進党が潔い終わりを迎えることなく、ゾンビのように生き延びた謎を解くカギは「政党交付金」だ。「解党だとこれまでにため込んだ巨額の交付金を国に返さなければならないので、形の上で政党を残すという姑息な手段」と、法政大学の白鳥浩教授(日本政治)は指摘する。

政党交付金とは政党助成法の下、「議会制民主政治における政党の機能の重要性」を考慮して、国が政党に支払う助成金のこと。その原点は、80年代末から90年代に続発した、リクルート事件や佐川急便事件といった「政治とカネ」の問題にある。政治活動にカネがかかるなかで、営利団体でない政党は寄付に頼らざるを得ない。

そこで国から政党に「資金注入」することで政党と企業・労働組合とのなれ合いにくさびを打ち込み、政策本位の政治に転換を図る――そうした政治改革の一環として政党交付金が導入された。たった「コーヒー1杯分」の負担をうたい文句に、人口に250円を掛けた金額が交付金の総額。今年度は年317億円余りが要件を満たした政党に支払われる。

各政党への交付額は政党所属の国会議員数と衆参各選挙の得票数に応じて算出される。民進党には今年87億1897万円が配分される。また交付金は余れば「基金」として貯蓄でき、民進党には150億円近くの繰越金がある。

そこに「実質上の解党」という巧妙な手法の理由がある。民進党は希望の党などから出馬する立候補者個人に通常よりも500万~1500万円多い選挙資金を支給。そのカネを立候補者が新党に上納することで、解党すれば国に返還すべき政党交付金が希望の党に流れることになる。

政党助成法は「政党の政治活動の自由を尊重」するため、交付金の使い道は制限を受けないと規定。そのため、交付金を離党議員に渡そうと、その議員が何に使おうと構わない。希望の党代表の小池百合子都知事との写真撮影料3万円もまた、このカネの流れの1つだ。

ただこうした巧妙な手法によって、逆に政党交付金制度の問題点があらわになった。実質的な解党でも形式的に政党を残しておけば交付金を返還しなくてもいい。選挙で多くの国民の支持を得た民進党に対して交付されたカネが、いまだ支持を受けていない新党の活動資金に使われる。政策本位の政治のための交付金が貯蓄され、選挙CMや写真撮影のために吐き出される......。

こうした民進党のカネの動きを「税金の恣意的な利用で、交付金の理念の換骨奪胎」と批判する白鳥は同時に、交付金配分の仕組みそのものの問題点も指摘する。議員数と得票数に応じて単純に配分されれば、有利なのは議会多数派で政権を握る与党。一方、野党や小政党には交付金が流れず、その分政治活動が制限される。「野党が与党に対抗する政策軸をつくる、という政治改革本来の趣旨と外れている」

ただ、少なくとも野党・民進党への「1杯250円のコーヒー」はあまりに苦く、ワイズスペンディング(賢い支出)ではなかったようだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙前に暗躍する“ネット工作員”たちの主張を聞いてみた

2017-10-19 16:32:28 | ニュースまとめ・総合
選挙前に暗躍する“ネット工作員”たちの主張を聞いてみた



2017年10月19日 15時52分

日刊SPA!

 ネット上で繰り返される匿名の誹謗中傷、その陰には組織的に投稿を繰り返す“ネット工作員”が存在するとの指摘も――。

 10月12日、NHKの公式ツイッターアカウント「NHKニュース」によるつぶやきに、ネット上の一部の人々がざわついた。NHKのアカウントによれば、同社の看板番組「クローズアップ現代プラス」で、ネット炎上やネットリンチにまつわる取材をしており、情報提供を呼びかけているのだとか。
◆選挙前に「ネット工作員」が暗躍中…の真偽

 同ツイートには、現在600件もの返信が寄せられているが、大半が左翼派・革新派の政治家を揶揄したりNHKの報道姿勢を問う、といった内容だ。NHKのツイートの通り、右派保守派、いわゆる「ネット右翼」と呼ばれるような人たちが“組織的に投稿”しているようにも思える事態。しかし、ヘイトスピーチデモなどで知られる在特会(在日特権を許さない市民の会)の現役会員・杉本氏によれば、このNHKの指摘こそが「フェイク」であり「ヘイト」なのだという。

「NHKへの返信ツイートは、組織だって行われているものじゃない。アカウントの一つ一つを見ていけば容易にわかりますが、皆、保守的な思想を持つ一個人。在特会などの“保守団体(杉本氏の見解)”に所属している人もいますが、誰彼に言われて書き込んでいるわけでも、書き込むことによって報酬を受け取っているわけでもない。我々のような個人を“工作員”と決めつけ排除するNHKこそが反日工作員であり、ヘイトを垂れ流している」

 この杉本氏、ネット上によく見られるように「親自民党」で、安倍総理の熱心な応援団かといえば、そうでもない。「安部は売国奴」であり「真の保守」ではない、と鼻息荒く説明するから、政治に無関心な私は混乱してしまう。「自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)」は、安倍晋三氏、麻生太郎氏らが最高顧問を務める、自民党青年部などが中心となって設立した「自民党応援団」として知られる。ネット掲示板などでは、盲目的に与党礼賛を続ける「ネトサポ」とも揶揄される彼らだが、現役サポーターである前島氏(仮名)も、同団体が組織的な書き込みをしている、という指摘には首を振る。

「あくまでも自発的に集まった集団。書き込みも各々が勝手にやっている。そもそもサポーターの中にも安倍さんのやり方に疑問を持つ人もいて、総理は麻生さんがいい、谷垣さんがいいと意見はバラバラ。ただ、唯一共有しているのは、与党は“自民”じゃなきゃダメ、という感覚。民主党が与党だった数年前、あの悪夢をまた繰り返すのかと」

 右派保守派標榜の人々に問うと、異口同音に「組織的なのは、左派革新派の方」だと話す。実情はどうなのか。

「確かにひとつの組織ですが、それぞれの信念の元に書き込みをしているし、指示があったとしてもそれが正当なものであれば受け入れる。これは自然なことです」

 こう話すのは共産党の下部組織「日本民主青年同盟」、いわゆる「民青」の現役メンバー・X氏だ。徹底した反安倍、反自民の姿勢で知られる同団体のメンバーの多くも、ツイッターなどのSNSに積極的に書き込みを行う。X氏は“組織的”に書き込みをしている事実は認めつつ、その正当性も訴える。

「右派保守派とされる人々は、カチッとした集団ではないが、優生思想やヘイトを始めとした、あってはならないネット上の空気によって緩く団結している。こうした人たちには、何があっても対抗していかなければならず、マイノリティーである我々は団結して戦っているのです」

 「マイノリティ」と自認するだけあって、保守多数派に対抗するためには「複数のSNSアカウントを運用」したり「一日に何度も投稿」することは当たり前で、ヘイトや左派革新派を揶揄するユーザーが発見されれば、全員で攻撃し潰す。

「数的弱者が戦うには限界があります。我々のやり方を“工作員的”というなら、その根拠を示してほしい。ネット上でも路上に出ても、我々は正々堂々とやっている。NHKがいう“工作員”が保守派のことなのか我々のことを指しているのかはわからないが、レッテルの貼り方としては極めて危険。考え方がバカなネット右翼そのもの」

 ネット論壇、そして日々無数に投稿される様々な書き込みについて「これは××的」「これは××な傾向」と分析したがるのはテレビや新聞といった既存大メディア。ネット民、ネットネイティブからしてみれば「以前はネット言論を無視していたにも関わらず、今さら分かった顔をしてネットにすり寄ってくる」とも思えるだろう。さらに「陰謀論」めいた視点で、互いを監視し合う既存メディアとネット。この状況はいつまで続くのか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「絶対市長とか知事にならないほうがいい」舛添前知事がぶっちゃける

2017-10-19 16:30:52 | ニュースまとめ・総合
「絶対市長とか知事にならないほうがいい」舛添前知事がぶっちゃける



2017年10月19日 15時29分

AbemaTIMES

 「例えば豊洲問題について、私とか石原慎太郎さんに対して『あの問題はお前が悪かった』とみんな訴えられて、250億円とかの損害賠償の請求があるわけ。それが個人にかかるわけ!永遠に個人責任なんです。絶対市長とか知事にならないほうがいい」

 15日(日)に放送されたAbemaTV『 ウーマンラッシュアワー村本大輔の土曜The NIGHT 』に、舛添要一。前東京都知事が生出演、小池都知事が台風の目となった衆院選の真っ最中ということもあり、経験者だからこそ話せる政治の裏話を明かした。 

 市長や知事にはならないが方が良いと豪語する舛添前知事。「知事になった日、最初にやらされたのが訴訟保険の手続き。というのも、いつ訴えられるかわからないから。この保険に入ると、自分の給料から毎月エラいお金を取られるわけよ。辞めて5年間有効なんだって。だからあと4年間は持つのよ。4年後には俺を訴えないでくれって言いたいんだけど(笑)。この話をみんな知らないから知事とか市長になるんですよ」と続け、スタジオを驚かせていた。

 MCのウーマンラッシュアワー村本が「(いつ訴えられるのか分からないんじゃ)ドキドキしますよね」と話を振ると、舛添前知事は「今、私だけで3つぐらい訴えられてるよ。例えば選手村があるじゃないですか。あそこは選手用のマンションを作って売り出すわけよ。でも売れるかどうか分からないからデベロッパーも高い金で買わない。だからオリンピックのために頑張ってくれるってことで安くするわけですよ。そうしたら『安くしたのは不当だ』として、私と小池都知事が訴えられています。いくらか知らないけど、何十億か何百億か請求が来るわけ。訴訟に負けたら払わないといけないわけですよ。」と、現在も係争中であることを赤裸々に語った。

 番組では、さらに深い話も飛び出した。批判にさらされながらも、すぐには都知事を辞めなかった理由を問われた舛添前知事は「2020年のオリンピック・パラリンピックは絶対成功させないといけないと思ったわけ。みんな気がついてないんだけど、あの6月・7月に辞めちゃったとしたらどうなるか。小池さんがこのまま都知事で居続けたら、次は2020年のオリンピックの真っ最中に都知事選挙になるんですよ。それだけは絶対に避けたいと。だから、居座りたいからやっているんじゃなくて、"4年後に選挙になったら大事になるから""もう辞めるんで9月はまで待ってくれ"と議会にも言ったのに、聞く耳を持たないわけですよ。いくら言ってもダメ」と明かした。

 「知事や議員の給料を安くするのは絶対に反対なんです」と持論を展開する舛添前知事。「給料削減を言うと何が起こるかというと、貧乏人は政治家になれないですよ。金持ちしかなれない。それでいいのかと」と指摘、さらに教育無償化についても「今は教科書も無償でしょう。だから大事にしない。我々の頃は貧しかったから、兄貴とかのお下がりなんですよ。私なんて新しい教科書を買ったことは一度もなくて。そうして苦労しないと物の大切さは分からない」と教育論を熱く語り、昨今の政治家たちについて「大衆迎合になりすぎていると思う」と批判していた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あおり運転された経験談 「夜に片道1車線の高速でトラックにあおられた」「家族連れであおるって何なの?」

2017-10-19 15:04:51 | ニュースまとめ・総合
あおり運転された経験談 「夜に片道1車線の高速でトラックにあおられた」「家族連れであおるって何なの?



2017年10月19日 7時0分

キャリコネニュース

今年6月、神奈川県の東名高速道路で、トラックに追突され夫妻が死亡する事故が発生した。夫妻は直前に別の乗用車を運転していた25歳の男とトラブルになっており、この男が高速道路上で進路を塞いだことが原因だとして、後に自動車運転処罰法の過失致死傷容疑などで逮捕された。

この事件の報道後、ネット上では「あおり運転」が度々話題になっている。ガールズちゃんねるにも10月16日、「あおり運転されたことある人」というスレッドが立った。スレ主も運転中にあおられ、近くにあったガソリンスタンドに入って難を逃れたという。

「煽りは本当に自分勝手で許せない行為ですよね。 皆さんは経験したことありますか?」

通勤途中にあおられた結果、「衝突されました」という人も

あおり運転は身勝手かつ危険な行為だ。他のドライバーの迷惑になるだけでなく、最悪の場合は死亡事故の原因となる。

JAFが2016年に発表したリリースでは、ドライバーの約2人に1人が「後方から他のドライバーに煽られた経験がある」と回答しており、決して珍しいことではない。

ガルちゃんのスレッドでも、「追い越して前に来たと思ったら、急に低速で走る嫌がらせも何度かある」「べったりくっつける、車間距離の狂った人っているよね」など、低速運転された、車間距離を異常に詰められた、という嫌がらせを経験した人からの書き込みがあった。ほかにも、

「普通に運転してたのに後ろでクラクション鳴らしながら 何故か付いてきたおじさん。初心者だったしずっと心臓がドキドキして怖かった」
「通勤途中に後ろの車が煽ってきて怖かったけど、避ける場所もなくて薬局の駐車場まで我慢しようと思ってたら その手前の信号待ちで衝突されました」

といった恐怖体験を寄せる人もいる。
高速であおられた人「逃げようもないしで、すごく怖かった」

東名高速での死亡事件のように、高速道路上であおられた人は次のような恐ろしい体験を書いている。

「停車はしなかったけど、低速で1キロ位は執拗に煽られ続けた。父が運転していたんだけど、いい加減キレそうになったのを周りが落ち着かせてた。ニュースを見てあの時揉めてたら最悪死んでたかもしれないと思いゾッとしました」
「夜間、片道1車線の高速でトラックに煽られた。道を譲ろうにも路肩に停車するとこないし、逃げようもない状況。 ハイビームにしながらずーっと煽ってくるから、バックミラーがトラックのライトを反射して無茶苦茶まぶしいの。前もよく見えなくなるし、高速だし、煽られてるし、逃げようもないしで、すごく怖かった」

高速道路では時速100キロほどで走行している。その状況で減速したり、進行を妨害したりして事故を起こせば大惨事になりかねない。あろうことか、トラックやバスなど、プロのドライバーからあおられた経験を書く人も。車体に書かれた社名やバス会社名を記憶し、クレームを伝えた、という人もいた。

身勝手なドライバーに対しては、「煽る心理って何なの!?って本当思う。高速でファミリーカーに煽られて譲ったら家族連れで…とか。何で一歩先の事を考えれないの?」という苛立ちが書き込まれている。

スレッドには、一般道・高速道路やあおりの内容を問わず、900件近い書き込みがありマナーの悪いドライバーに迷惑した経験を持つ人が多いことに驚く。あおられた場合は、相手にしないことは勿論だが、警察に通報することも視野に入れながら冷静に対応したいところだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつ裏切るかわからない? 「立憲民主党」から漂うウサン臭さ

2017-10-19 15:02:03 | ニュースまとめ・総合
いつ裏切るかわからない? 「立憲民主党」から漂うウサン臭さ


2017年10月19日 8時0分

まぐまぐニュース

前回掲載の「なぜ野党寄りのマスコミは急に期日前投票を呼びかけなくなったのか」では、世論調査で自公優勢がわかった途端に「期日前投票」を呼びかけなくなった一部マスコミの「思惑」を鋭く指摘した無料メルマガ『マスコミでは言えないこと』の著者でITジャーナリストの宮脇睦(みやわき・あつし)さん。今回は「立憲民主党」を支持できない理由を解説しています。
1分でわかる「立憲民主党」のウサン臭さ

第48回衆議院選挙も、いよいよ最終コーナーに差し掛かりましたが、「安倍のバーカ」をデフォルトとする左派というか、日本の弱体化を目指すかのメディアが、文字通り「希望の党」と見いだしているのが、新党「希望の党」から排除された連中で集まった「立憲民主党」です。

地上波テレビに登場する政治評論家、政治ジャーナリストは反安倍、アンチ自民ばかりで、アリバイ作りのように田崎史郎氏が登場し、中立的な意見を述べますが、そんな彼でもニヤニヤと安倍首相をDisり、それは抑制的な「批判」の枠内ですが、つまりは安倍応援団が誰もいないという一事を持って、「放送法違反」であることは明らかです。

放送法の第四条にはこうあります。

一 公安及び善良な風俗を害しないこと。

二 政治的に公平であること。

三 報道は事実をまげないですること。

四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

「二」の政治的公平性には明らかに逸脱していますし、「四」にしても、参院も含めて解散前の議席数からみて、安倍・自民党・自公連立政権支持者は多数派で、ならばそちら側に立った「専門家」が誰一人登場しない以上「偏向」の誹りは免れません。

安倍首相を擁護しろと言いたいのではありません。「公平(フェア)」にやれと指摘しているだけです。また、批判と中傷の区別がついていない評論家やコメンテーターも増えていて、反論の機会を与えずに攻撃を繰り返す構造は「イジメ」と同じで、公共の電波を独占(寡占)的に使わせるべきではないとも考えます。

余談が長くなりましたが、そんなワイドショーに登場する政治ジャーナリストや評論家は、「立憲民主党」を「筋が通っている」と持ち上げます。これはフェイクニュースだということを、すっかり恒例となった(と信じたい)シリーズ「1分でわかる」で指摘してみます。

民進党から希望の党に合流するにあたり、希望者に政策を丸飲みする書面にサインをさせ、誓約させるいわゆる「踏み絵」を迫りました。代表の小池百合子氏は、民主党のすべての議員を受け入れるわけではなく、とりわけ「リベラル」色の強い議員を「排除」すると明言しました。

これに反発した枝野幸男氏が「立憲民主党」を立ち上げ同士が集う。という構図でもっちあげますが、嘘です。中国共産党や北朝鮮の金王家の歴史なみに嘘で塗り固められています。

なぜなら、民進党は希望の党への合流を「満場一致」で決定しているからです。つまり、枝野氏やその仲間らも、希望の党への合流を期待していたということです。それが「排除」され、いわば不合格にされた者らの集まりが「立憲民主党」ということです。

これだけで「嘘」の説明は十分でしょう。理想や志、義憤などではなく、捨てられたから仕方なくできた党だということです。実体は「選挙互助会」に過ぎません。

党を立てれば「重複立候補」ができ、党としての集票できれば「ゾンビ」になれます。制度を活用しているに過ぎないとはいえ、枝野幸男代表も重複立候補しています。無所属からの出馬なら、こうした「保険」はかけられません。

ちなみに彼らが敵視する安倍首相は、小選挙区単独で出馬しております。

そして「満場一致」から立憲民主党の体質が見えてきて、さらには希望の党に潜り込んだ連中にも通じます。これも1分で説明します。

多少の思想の違いを我慢しても、「民進党」という仲間全員で「希望の党」に移籍したかった。だからの満場一致だった。とは、町内会なら美談でも、それは「政策より仲間」という政治家失格の発言です。

次に「希望の党が全員受け入れる」という約束を、民進党代表の前原誠司氏以外誰も知らなかったのか。だとすれば交渉を代表に一任するところに、独裁的体質を見つけます。なぜなら「政党助成金の取り扱い」「参議院の民進党はどうするのか」など、どんなAIでもスーパーマンであっても、たった一人だけで、わずかな日数で詰め切れるものではないからです。

また、右寄りの「日本のこころ」の参院議員と、極左レベルの有田芳生氏のような民進党参院議員が同居すれば、理念政策をともにする「政党」ではなくなる。こんな中学生でもわかることを詰めずに「満場一致」をしたのが民進党で、立憲民進党であり、希望の党に逃げ込んだ連中です。

…1分を越えましたが延長戦。立憲民進党を選んだ人達の人間性について。

希望の党から排除されたから新党を立ち上げ。判官贔屓の好きな日本人からみて、やや好意的に解釈したくもなりますが、排除されるほど理念や政策、考え方も価値観も異なる政党に、シレッと入ろうとしていたのが立憲民主党の人々です。

つまりは「言っていることと腹の中は違う人々」ということで、換言すれば「いつ裏切るかわからない人間性」こそが立憲民主党とは過言でもないでしょう。

眼前でおきた事実からの推測に過ぎませんし、それでも立憲民主党の掲げる言葉を信じられる人は投票すれば良いでしょう。

ただし、民主党時代からの民進党になっても続く迷走や、己の発言が自分を攻撃することになる「ブーメラン芸」も、こういう人間性を下敷きに考えれば自然に納得ができます。信念に従い自らの言葉を述べているなら、あれほど見事にブーメランが刺さる、もとい刺さり続けることはないからです。

正体や思想を隠して組織に潜り込み、内部から組織を壊し、組織を乗っ取り操る工作は日本の左翼や共産主義の得意とする手口で、実際、日本の大企業から各省庁、地方自治体の役所レベルでも多く入り込んでいて「細胞」と呼ばれています。

明らかに思想信条が異なる希望の党へ満場一致で合流を認める体質は、この「細胞」と同じかもしれません。入ってしまい、内部からの破壊、乗っ取りを狙う。そこに「正々堂々」という視点がありません。彼らはリベラルではなく「共産主義者」かもしれません。

すると立憲民主党は日本共産党の別働隊か、分派である可能性も意識しておくべきでしょう。

そもそも「立憲」を掲げながら「憲法」についても、欺瞞に満ちた放言が放置され、それをジャーナリストや評論家が誰も指摘しないことなのでこれを1分にまとめて結びます。本質論です。

安倍首相の下での改憲は認めない。リベラルを自称する連中が口にしますが、安倍首相を悪魔化して民衆を怯えさせ、相対評価で己を高める、AかBしかないと思い込ませて、Aは悪魔だからBしかないよねと誘導する実に卑怯な論理構成です。

立憲民主党の連中は、安保法制はもちろん、テロ等準備罪においても「言論の自由が奪われる」と掲げ、多様な価値観などもことあるごとに口にするくせに、AとBの他にCやDという選択肢に触れもしません。

だいたい安倍がダメだからと枝野が良いという論理にはならず、安倍をダメとする枝野の理屈が間違っている可能性もあり、私はこちらを支持します。ところが彼らは「全否定」から議論を始めるのです。

何より政治家として卑怯というか無責任であるのは、ならば「誰のもとでなら改憲するのか」を明言しないことです。「立憲」と憲法を大切にする立場ならば「枝野幸男が総理になったとき憲法改正します」と明言すべきなのです。だから卑怯であり無責任だと指摘します。

また、1分からこぼれ落ちますが、「憲法はどこも変えるところがない」という頑迷な護憲派は、この指摘に反論するでしょうが、それは盲目というか、あまりにも現状認識ができていないアレです。

なぜなら「自衛隊」は憲法学者の大半が「違憲」と指摘しています。一方で国民の圧倒的多数が「自衛隊」は必要と感じています。憲法は所詮どこかの人間が書いた文書に過ぎません。現実にそぐわないのなら「書き換える」のが当たり前のこと。一神教の神が与え給えた聖典ではありません。

そしてこれも枝野氏らの演説に散見しますが、憲法やら政治やらは民衆のものと繰り返します。ならば、民衆が「自衛隊は必要」と思っているのなら、民衆の要請に応えて手を加えるのが、民意と税金で養われる政治家の仕事です。

なにより、日本国憲法第九十六条は「憲法改正の手続き」が明記されています。絶対に憲法を変えない、変えてはならないとは、それこそ「憲法違反」の主張です。

憲法を掲げ、それをお題目にしながら憲法にある手続きの、その議論すら「安倍政権のもとでは」と、間接民主制とはいえ、民意の果てに選ばれた安倍首相のみを否定する。

一言にまとめると「矛盾」。それも1つや2つではなく、そしてそのどれにも説明をしなければ謝罪もせず、反省もしないくせに、正義ヅラして被害者ヅラして、まだ税金で生活させてくれと叫ぶ。あ、もとい票をくれと訴えかける。

選挙期間中なので嘘つきや、詐欺師、ペテン師なんて言葉は躊躇しますが、だから立憲民主党を「ウサン臭い」と評価します。

それが証拠というか、すでに希望の党に潜り込んだ「細胞」から、率先して踏みつけたはずの「踏み絵」に対して異論を唱える候補者が続々と現れています。もはやここまで行くと人としてどうかしています。

「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表 我那覇真子さんは10月10日に生配信されたネット番組「真相深入り!虎ノ門ニュース(通称 虎8)」で今回の選挙をこう分析しました。

「日本人のモラルが試される選挙だ」

信義と誠実さを大切にする「日本人」の姿を、民進党から各所に散った政治家もどきに見つけることができません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反町隆史「相棒」新シリーズ放送開始で聞こえる「現場では低姿勢」

2017-10-19 14:40:19 | 芸能・スポーツ
反町隆史「相棒」新シリーズ放送開始で聞こえる「現場では低姿勢」



2017年10月19日 12時30分

デイリー新潮

視聴率も興行収入も苦戦してきた反町隆史

 人気テレビドラマ「相棒」(テレビ朝日)のシーズン16が10月18日にスタートした。歴代の相棒は寺脇康文、及川光博、成宮寛貴。そして現在は4代目の反町隆史。「法務省キャリア官僚」という設定が微妙なのはさておき、少なくとも撮影現場で、反町隆史への評価は高いという。

 ***

 反町隆史がスターだった時代は終わった。主演した連続テレビドラマの視聴率と、映画の興行成績を並べてみよう。

【連続テレビドラマ】
97年「ビーチボーイズ」(フジテレビ) 平均視聴率23.7%
98年「GTO」(同) 28.5%
99年「Over Time-オーバー・タイム」(同) 20.1%
   「チープ・ラブ」(TBS) 13.5%
00年「ラブコンプレックス」(フジテレビ) 15.1%
02年「ダブルスコア」(同) 10.6%
03年「ホットマン」(TBS)  14.2%
04年「ワンダフルライフ」(フジテレビ) 12.5%
   「ホットマン2」(TBS) 10.3%
07年「ドリーム☆アゲイン」(日本テレビ) 10.3%
08年「ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇」(テレビ朝日)  6.6%
11年「グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~」(フジテレビ) 8.6%
15年「限界集落株式会社」(NHK) 6.6%
(※視聴率は関東地区・ビデオリサーチ調べ、小数点以下第2位は切り捨て)

【主演映画】
99年「GTO」(東映・鈴木雅之監督) 興行収入13.2億円
03年「13階段」(東宝・長澤雅彦監督)  5.4億円
05年「男たちの大和/YAMATO」(東映・佐藤純彌監督) 50.9億円
07年「蒼き狼 ~地果て海尽きるまで~」(松竹・澤井信一郎監督) 13.9億円

 テレビの人気は2000年を境に潮目が変わったこと、そして意外に映画を苦手にしてきたことが分かる。「男たちの大和/YAMATO」だけが例外で、残りの3作品は「反町隆史」というネームバリューに期待される数字には達していない。
意外に世渡り上手
ワースト視聴率ではなかった「反町相棒」

 だが「相棒」は底堅い。反町が共演したシーズン14(15年10月~16年3月)は15.3%、シーズン15(16年10月~17年3月)は15.2%。さすがに「ビーチボーイズ」や「GTO」は超えられないが、「ラブコンプレックス」には並ぶ。

「相棒」のシーズン別視聴率を見ると、ベスト3は、

【1】シーズン9(20.4%)
【2】シーズン7(18.1%)
【3】シーズン8(17.7%)

の順。いずれも及川光博が共演だ。ワースト3は意外にも、

【1】シーズン2(12.7%)
【2】シーズン1(13.1%)
【3】シーズン3(13.2%)

 と初期シーズンが独占。つまり共演は寺脇康文となる。

 映画版は第1作(08年・寺脇)が44.4億円。第2作(10年・及川)が31.8億円。第3作(14年・成宮)が21.2億円。そして反町が出演した第4作「相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断」(東映・橋本一監督)は17年3月時点で18億8538万円という数字になった。回を重ねるごとに低下しているのは事実だ。

 さて、これらのデータを、どう見るか。「人気凋落を食い止めた功労者」か、「テコ入れに失敗したミスキャスト」か、読者によっても意見は様々だろうが、制作サイドは「引き続き起用していきたい」と判断しているという。関係者が明かす。

「反町さんは10代にジャニーズ事務所からスタートし、モデル事務所に移り、更に20代で研音に所属してドラマに挑戦すると、あっという間にスターになりました。演技の勉強なんてまともにしていないわけです。対して最初の共演者である寺脇康文さんは三宅裕司さん主催の劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』出身です。演技力には定評があり、それこそ『相棒』の劇場版第1作で日本アカデミー賞の助演男優賞も受賞しました」

 どう考えても、反町隆史に有利な材料はないはずなのだが、実際の撮影現場となると評価は変わってくるという。
徹底した低姿勢が評価

 先の関係者が続ける。

「やっぱり寺脇さんは演技に確たる信念を持っています。質の高い作品を作るためには必要なこととはいえ、スタッフや主演の水谷豊さんと衝突してしまうこともありました。ところが反町さんは、自分の演技は素人だということを充分に理解している。撮影現場では徹底して低姿勢で、スタッフの指示には絶対に従う。『俺はスターだ』なんて天狗になっているところは微塵もありません」

 スタッフにとっては非常に助かる存在なのは言うまでもない。水谷豊との関係も良好だという。そんな“謙虚”な姿勢が、演技にも思わぬ効果を与えているらしい。

「偏差値の極めて高い大学を卒業し、難関の国家試験を突破した官僚なんて役が、反町さんに似合うはずがありません。でも見続けているうちに、不思議に溶け込んでいく。『こんなキャリアもいるかもなあ』なんて思ってしまう。監督をはじめとするスタッフが入念に準備して撮影にあたり、反町さんもスタッフの努力に応えようと頑張っているからでしょう」(同)

 結局は大根役者。人気も去った。とはいえ、意外に世渡り上手らしい。スターの座を自ら降り、周囲の人間と協調していけば、仕事はある。それこそ官僚ではなく小役人という気がしないでもないけれども。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本は本当に憧れるほどよい国なのか?「日本にだって醜い一面がある」=中国報道

2017-10-19 14:38:42 | ニュースまとめ・総合
日本は本当に憧れるほどよい国なのか?「日本にだって醜い一面がある」=中国報道



2017年10月18日 12時12分

サーチナ

 中国では若者を中心に、日本に対して好印象や憧れを持つ人が増えている。一部メディアでも日本人の環境保護に対する意識や、物づくりに対する妥協なき姿勢、教育に対する考え方などについて評価する記事が見られる。しかし、中国メディアの今日頭条は14日、中国ではあまり語られない日本の一面を伝えつつ、「これが日本の本当の姿だ」と紹介している。

 急速な発展を遂げる中国で、生活や教育の質がさらに向上することを望む人が多く見られ、質の高い暮らしを送ることができる日本に魅力を感じる人も増えているようだ。中国では日本について、良質な教育が受けられ、生活水準が安定していて、国民の民度も高いということが報じられることが多いためだろう。

 しかし、記事は「日本にも醜い一面がある」と伝え、中国ではあまり報じられない日本の一面を紹介している。たとえば「学校や職場で見られるいじめや、さまざまなハラスメントは深刻な問題」であるとしたほか、外国人に対する差別もあると主張。中国人が日本に行けば、「大なり小なり、何らかの差別を受けるはずだ」と主張し、少なくとも日本人は「アメリカ人と同じように中国人には接しないだろう」と主張した。

 こうしたことは統計や調査に表れにくい問題でもあり、記事も具体的な根拠を述べてはいないが、いじめや差別の問題で苦しんでいる人が存在するのも事実だ。また「日本では女性の地位が低く、家庭内暴力も深刻な問題として認識されている」と主張した。

 記事で紹介されていることは、確かに事実として存在するものではあるが、まるで日本社会の全体に問題があるかのように主張しているのは事実と反するものだ。この記事の内容を中国人読者が鵜呑みにしないことを願いたいところだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「けじめつけろ」小指を切断させた疑い 神戸山口組系の2人を逮捕 神奈川県警

2017-10-19 14:36:40 | ニュースまとめ・総合
「けじめつけろ」小指を切断させた疑い 神戸山口組系の2人を逮捕 神奈川県警



2017年10月19日 11時10分

産経新聞

 男性を脅して小指を自ら切断させたとして、神奈川県警高津署は強要と傷害の疑いで、いずれも指定暴力団神戸山口組系組幹部で、大阪市生野区生野東の職業不詳、金敏昭容疑者(63)=韓国籍=と神戸市中央区琴ノ緒町の同不詳、高橋正弥容疑者(53)を逮捕した。

 ともに容疑を否認している。

 逮捕容疑は、8月9日午後6時45分ごろ、川崎市宮前区野川の駐車場で、共謀して「これまでの失態に対してけじめをつけろ」などと無職の男性(57)=同市高津区=を脅し、左手の小指を包丁で切断させたとしている。

 同署によると、事件の翌日、男性が同署に被害届を提出したことから犯行が発覚。金容疑者らと男性は車の購入などをめぐってトラブルになっていたといい、同署が事件の詳しい経緯を調べている。

 神戸山口組は平成27年8月、指定暴力団六代目山口組から離脱。昨年4月に暴力団対策法に基づく指定暴力団に指定された。今年4月には神戸山口組から離脱した一部の傘下団体が、任侠(にんきょう)団体山口組を名乗って対立。8月には任侠(にんきょう)山口組に呼称を変更し、緊張関係が続いている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加