縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

男性に聞いた! 女性のカラダのニオイでもっとも気になるのは?

2015-03-26 16:24:09 | 女性向き記事・コラム
男性に聞いた! 女性のカラダのニオイでもっとも気になるのは?

2015年3月26日 6時45分

マイナビウーマン


汗や汚れなどが混ざり合ったニオイは、誰のものでもあまりうれしくはないですが、いいニオイがするはずだと思っている女性からそんなニオイが漂ってくると、男性たちはドン引きしてしまうみたい。今回は、男性たちが一番気になる女性のカラダのニオイについて聞いてみました。

Q.あなたが、女性のカラダのニオイでもっとも気になるのはどれですか?

●第1位/「ワキ」……31.0%
○第2位/「デリケートゾーン」……30.0%
●第3位/「頭皮」……21.0%
○第4位/「足」……11.0%

※第5位以下は略。

ワキのニオイが気になるという男性が3割以上。普通に接していてもわかるので、特に気づきやすいのでしょうか。では、それぞれの理由について詳しく聞いてみましょう。

■第1位「ワキ」

・「デリケートゾーンなど、普段かぐこともほとんどない、ニオッたとしても仕方ないと思えるのですが、ワキが臭いのは普通に清潔にしていればないことだと思うから。病気ならごめん」(30歳/学校・教育関連/営業職)

・「一番ニオイが特徴的な部分なので」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「蒸れやすく露出する機会が多いから」(22歳/情報・IT/技術職)

汗をかきやすくニオイがわかりやすいワキは、清潔にしていればそれほどニオイの気になる部分ではありません。ワキガなど仕方のないこともありますが、自分自身でも気になるなら専門医に相談するなどいろいろな方法がありますよね。

■第2位「デリケートゾーン」

・「そこからニオイがするのは、ケアしてないのかと疑ってしまう」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「エッチのときにニオうとする気が失せるから」(32歳/電機/技術職)

・「やはり、過度なニオイがするのは好ましくない」(27歳/情報・IT/技術職)

デリケートゾーンのニオイが気になるのは多くの場合、エッチのとき。ということは、事前にシャワーを浴びていればある程度のニオイは防げそう。いいムードになって勢いでというのもいいですが、ニオイが気になると集中できないこともあるのでやっぱりシャワーは必須ですね。

■第3位「頭皮」

・「頭をなでるのが好きだから」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「男性はけっこうかぐ機会が多い。女性が思う以上に」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「シャンプーのいいニオイが好きだから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

女性の頭を撫でたときに、汗のニオイがしたら男性たちを幻滅させてしまうよう。髪を結んでいたり帽子をかぶっていたりするとムレやすいので頭皮がムレないように気をつけたいですね。

基本的に男性は女性から汗のニオイがするのはあまり好感を持てないようです。どんなときでも爽やかなせっけんのニオイ、シャンプーのニオイを漂わせてほしいというのが男性のホンネみたい。汗をかいたときにはすぐに拭き取る、汗を抑える制汗剤を使うなどきちんとケアしておいたほうがいいですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年2月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供を養うために40年以上「男性の格好」で働いている女性の話

2015-03-26 08:46:21 | 感動ニュース
子供を養うために40年以上「男性の格好」で働いている女性の話 / 妊娠中に夫が亡くなり “男” になった

2015年3月25日 18時0分

ロケットニュース24


日雇い肉体労働に従事する母親を、子供の視点で歌った名曲──『ヨイトマケの唄』。実際に歌を聞き、思わず心が揺さぶられた人は少なくないだろう。また、今から約3年前、紅白歌合戦での美輪明宏さんによるパフォーマンスがきっかけで、歌の存在を知ることになった人も多いはず。

そんな『ヨイトマケの唄』を彷彿(ほうふつ)とさせる女性が海外で話題になっているので、是非ともご紹介したい。と言っても、歌詞と同じように子供が学校でいじめられてるとか、そういう話ではない。そうではなく、ただ、その女性の働き方、そして子供に対する強い愛情と責任感が、歌に登場する「母ちゃん」を思わせるのだ。
・妊娠中に夫が亡くなり……

話題の女性は、エジプト・ルクソール在住のシサ・アブ・ダオさん。現在、65歳の彼女は、 “あること” で世界中から注目されている。それは……約43年間も男性の格好をして、働き続けていること。

なぜ、そんなことをしているのか? ……そもそもの始まりは、今から40年以上前にさかのぼる。シサさんが妊娠して6カ月の時、夫が亡くなったのである。

そこで彼女が選んだ道は、自身が働くこと。自分の手で、生まれてきた娘を養うことだったのだ。
・髪を剃り上げ、男の服を着て……

だが当時のエジプト社会では、女性が働くこと自体が、簡単なことではなかったらしい。その上、シサさんは文字が読めなかった。さらに、シサさんの家族は、再婚を望んでいたため、自分が働く道を選んだことで、家族から怒りを買うことに……。

その状況を、シサさんは常識では考えられない方法で乗り越えた。髪を剃り上げ、やや大き目の男性の服を来て、男性として、働きに出たのである。

「男性自身と彼らのとげとげしい視線から身を守るため、また昔ながらの(女性が働くことに対して否定的な)考え方を持つ人々の標的にならないように、私は男性になることを決心しました。男性の服を着て、誰も私のことを知らない村へ行き、男性と同じように働いたのです」

・レンガ造りなどの仕事

なおシサさんは当初、レンガ造りなどの建築関係、それから農業に従事。年齢的にそのような仕事が厳しくなってくると、靴磨きをして家計を支えたそうだ。もちろん、全ては自分の娘を育てるためである。

「私は娘のためなら、何だってしました。それが生活費を稼ぐ唯一の方法だったんです。私は読み書きが出来ません。他に何が出来るというのでしょう?」

・43年後……

こうして43年が経った。今では「シサさんが女性であること」は、ルクソールで周知の事実になっているらしい。そして……シサさんが育てた娘さんは結婚し、今は子供もいる。つまり、シサさんは孫がいるのだ。今や母となった娘のホダさんは、自身の母親について、こう語っている。

「私の母親は今も家族を養ってくれています。毎朝6時に起きて、ルクソールの駅前で靴磨きをする準備を始めるのです。母親はもう歳なので、私が仕事道具を持って行きます」

……そう、シサさんはまだ働き続けているのである。娘の夫が病気であることに加えて、「娘には自分と同じことをして欲しくない」という気持ちから、自分自身が働きに出ているという。
・大統領から表彰も

そんなシサさんは、ある日メディア関係者の目に留まったことがきかっけで、有名になった。そして今年、地元の自治体から「最も献身的な母親」に選ばれ、最近はエジプトのアブドルファッターフ・アッ=シーシー大統領に表彰されることに。

しかし、どれだけ大きな賞であっても、シサさんが今までしてきたことには、見合わないように思われる。「♪どんなキレイな勲章よりも、母ちゃんの服こそ、世界イチ!」だろうから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香川県立高校の50代の男性教諭から繰り返しわいせつ行為を受けた

2015-03-26 08:43:55 | 憎むべき性犯罪
香川県立高教諭に賠償命令 わいせつで元生徒自殺

2015年3月25日 21時10分

共同通信

 香川県立高校の50代の男性教諭から繰り返しわいせつ行為を受けた元教え子の女性=当時(22)=が自殺に追い込まれたとして、高松市の両親が香川県と教諭に計4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、高松地裁は25日、教諭に750万円の支払いを命じた。

 福田修久裁判長は判決理由で「女性が自殺を考えた原因は教諭のわいせつ行為であると推認される」と指摘。県への請求は、公務中の行為ではないとして認めなかった。

 女性は大学の卒業論文作成で高校生の意識調査が必要となったことから、教諭の協力を得ようと県立高を何度か訪れたが、教諭に体を触られ、裸の写真を撮られるなどした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸市垂水区五色山、整形外科医若見朋晃(46)患者に麻酔、わいせつ容疑

2015-03-26 08:42:17 | 憎むべき性犯罪
患者に麻酔、わいせつ容疑 大阪、整形外科医を逮捕

2015年3月25日 18時26分

共同通信

 骨折の手術後、麻酔の影響で身動きが取れない女性の体を触ったとして、大阪府警淀川署は25日、準強制わいせつの疑いで神戸市垂水区五色山、整形外科医若見朋晃容疑者(46)を逮捕した。

 逮捕容疑は2月下旬、勤務していた大阪府内の病院の個室で、膝の骨折の手術を終えてベッドに横たわっていた30代の女性の胸や下半身を触った疑い。若見容疑者が手術をした患者で、下半身に麻酔の影響が残り、抵抗できない状態だった。

 容疑を認め「好意を抱かれていると思った」と供述している。病院が内部調査をし、2月に懲戒解雇処分にした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加