縄奥ニュース・音楽まとめサイト

日々の面白いニュースやコラム、政治経済や事件事故のまとめの他に音楽や面白い動画をUPします。

鳩山元首相、実弟から「本物の宇宙人になった」と罵られる―台湾紙

2015-03-13 16:46:32 | 珍事件・事故・その他・コラム
鳩山元首相、実弟から「本物の宇宙人になった」と罵られる―台湾紙

2015年3月13日 15時8分

FOCUS-ASIA.COM

13日付の台湾紙・自由時報は、ウクライナ南部のクリミア半島を訪問した鳩山由紀夫元首相について、実弟の鳩山邦夫元総務相が「本物の宇宙人になった」と批判したと報じた。

邦夫氏は12日のBSフジの番組で、「宇宙人らしい人間が本物の宇宙人になった。少なくとも日本人ではなくなった」と批判。「頑張って政権を取ったが、史上最低の政権と言われた。政治家を諦めたが燃え尽きていない。元首相という肩書は無期限だから、何かやってみたいという気持ちだろう」と分析した。

さらに、シリア行きを計画したフリーカメラマンが日本政府にパスポートを没収されたように、由紀夫氏にパスポートを返納させるべきとの見方を示した。日本メディアがロシアメディアを引用して伝えたところによると、クリミアが由紀夫氏に「パスポートが没収されたら受け入れる」と提案し、由紀夫氏も「没収されたら検討したい」と移住の可能性を示唆したという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謎の巨大穴、シベリアで計7個発見 温暖化と関連か

2015-03-13 16:43:47 | 珍事件・事故・その他・コラム
謎の巨大穴、シベリアで計7個発見 温暖化と関連か

2015年3月13日 9時52分

AFPBB News

【AFP=時事】昨年7月にロシア東部シベリア(Siberia)の辺境地域で発見された謎の巨大な穴に関するその後の調査により、同地域には同様の巨大穴が少なくとも7個存在することが確認された。地質学者が12日、AFPの取材に明らかにした。この現象は気候変動に関連しているとみられているという。

 地元の人々の間で「世界の果て」として知られる同国極北地方で昨年見つかった巨大な穴をめぐっては、隕石(いんせき)が原因でできたクレーターとの説や、異星人の仕業かもしれないとの憶測が飛び交った。

 動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」に投稿されたこの穴の動画は大きな話題を呼び、科学者らによる調査団が現地に派遣された。

 ロシア科学アカデミー(Russian Academy of Sciences)石油ガス研究所(Oil and Gas Research Institute)のバシリ・ボゴヤフレンスキー(Vasily Bogoyavlensky)副所長は、AFPの取材に「シベリア東部ヤクチア(Yakutia)地方で、直径1キロの巨大穴に関する新たな情報が浮上している」と語り、報告されている穴の数は計7個になったことを明らかにした。

「記録映像により少なくとも7個の巨大穴が確認できているが、実際にはまだ多数存在する」とボゴヤフレンスキー副所長は指摘する。

 巨大穴は全て、シベリア北西部の地下資源が豊富なヤマロ・ネネツ(Yamalo-Nenets)自治管区内で発見されている。

 巨大穴の成因については、隕石や異星人などではなく、永久凍土層の地下氷の融解と考えられている。地下氷の融解は、地球温暖化による気温上昇で加速された可能性があるという。

 ボゴヤフレンスキー副所長は、この現象について「火山の爆発に似ている」と説明。氷の融解に伴って解放されたメタンガスが、地中に蓄積されて高圧になり、ある時点で爆発を起こす。その結果として巨大穴が形成されるとしている。

 メタンガスは極めて引火性が高いため、科学者らは現在、巨大穴の潜在的危険性について評価作業を行っている。巨大穴の少なくとも1つは、採掘が行われているガス田の近くに位置しているという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮城県大衡村の跡部昌洋村長(66)セクハラメール1500通 女性職員提訴

2015-03-13 07:53:52 | 憎むべき性犯罪

村長がセクハラメール1500通 女性職員提訴へ


河北新報 3月13日(金)6時9分配信

 宮城県大衡村の跡部昌洋村長(66)から性行為を強要された上、メールを執拗(しつよう)に送りつけられるなどセクハラを受けたとして、村の女性職員が村長に1000万円の損害賠償を求める訴えを近く仙台地裁に起こすことが12日、分かった。代理人弁護士によると、現職首長に対するセクハラ訴訟は全国的にも極めて異例。

 代理人らによると、跡部村長は昨年4月、県選出国会議員へのあいさつ回りで上京した際、宿泊先のホテルで、同行した職員に性行為を迫った。
 その後も、出張先や検査入院した病院の個室などで計10回以上、性行為を求めたという。
 所有するアパートの合鍵を渡し、関係を強いる誓約書に署名、押印させたほか、「2人でお酒を飲もう」「そのような態度では異動させる」といったメール約1500通を職員の携帯電話に送った。
 職員がメールなどを無視すると、業務の決裁を拒否するなどした。職員は上司に相談したが「聞かなかったことにしてほしい」などと取り合ってもらえなかったという。
 跡部村長は10日の村議会3月定例会の一般質問で、「セクハラ行為をしていないか」との質問に対し、「当然していない」と答弁。村側も「セクハラもパワハラも起きていない」と答えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9割の女子は「ガッカリおっぱい」…!? 美バストを作る秘訣とは

2015-03-13 07:29:04 | 女性向き記事・コラム
9割の女子は「ガッカリおっぱい」…!? 美バストを作る秘訣とは

2015年3月12日 11時30分

AppWoman

あなたはブラジャーを選ぶとき、どんなことに気を付けていますか?

「店員さんにサイズを測ってもらうようにしてるかな」

「デザインによって付け心地が違うから、必ず試着する」

「上下セットでかわいいデザインのものなら、何でもいい」

本当にそのままで大丈夫ですか? 間違ったブラジャー選びを続けていると、将来ガッカリおっぱいになってしまうかも……!





■ブラジャーが体にフィットしていたのはわずか1割!

『株式会社ワコール』が20~40代の女性109人を対象に行った「ブラジャーの着用実態について調査」によると、体に合ったブラジャーを着用していた女性は、わずか1割であることが判明!

調査時にブラジャー(※1)を着用していた人96名のうち、自分のからだに合ったブラジャーを着用していたのはたったの9.4%! 「バストが正円(※2)を描いていない」「カップの上辺がパカパカ浮いている」「ワイヤーとバージスライン(バストの輪郭)が合っていない」などの問題点があることが分かったのです。



■当てはまったら要注意! ブラ選び失敗のサイン8つ

では、どんなことに気を付ければ体にフィットするブラジャーを選ぶことができるのでしょうか。まずは、以下の8項目で今の状態をチェックしてみましょう。

・カップ上辺がバストにくいこんでいる

・カップ上辺がパカパカ浮いてしまう

・前中心が浮いている

・バストが正円を描いていない

・ずるっとブラジャーがずれ上がってくる

・ストラップが落ちてくる

・背中に段差が出ている

・ワイヤーとバージスライン(バストの輪郭)が合っていない

1つでも当てはまった方は、ブラジャー選びに失敗しているサイン! 今すぐ下着を見直す必要がありそうです。



■サイズだけじゃない! キレイなバストの作り方3つ

では、バストをキレイに見せるブラジャーのポイントにはどのようなものがあるのでしょう。

(1)小まめにアンダーやトップのサイズを測る

ずっと前に測ったサイズを参考に、いつもブラジャー選びをしている方は要注意! アンダーやトップのサイズを測り直したら、ワンサイズアップしていた……なんてケースが意外と多いといいます。

少しでも心当たりのある方は、一度プロの方に測ってもらってはいかがですか?

(2)購入前に必ず試着する

体にフィットしたブラジャーを選ぶには、試着して実際に付け心地を確かめるのが1番。サイズは同じでもデザインによってフィット感が違うので、ちょっと面倒かもしれませんが、必ず購入前に試着しましょう。

ちなみに、店員さんに「こんなバストになりたい」と相談すれば、おすすめのブラジャーを選んでくれますよ。

(3)正しいブラの付け方をマスターする

せっかく試着して体に合ったブラジャーを選んでも、間違った付け方をしていてはキレイなシルエットは作れません。

体を前に倒して、ワイヤーとバストの輪郭を合わせながらホックを留めること。前かがみのままストラップの付け根を少し浮かせてバスト全体を手で包み、脇からしっかりカップを整えること。体を起こして、人差し指がスーッと入るくらいの長さにストラップの長さを調節すること。この3つに注意してくださいね。



これから薄着の季節。ツンと上向きのふっくらバストで、気になる男性をドキっとさせてみませんか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山、野球部顧問が部員に体罰 「殺したろか」と暴言

2015-03-13 07:13:41 | 体罰と言う名の暴行・傷害・鬱憤晴らし
和歌山、野球部顧問が部員に体罰 「殺したろか」と暴言

2015年3月12日 19時0分

共同通信

 和歌山県上富田町立上富田中の野球部顧問の男性教諭(35)が、部員の頭を殴るなどの体罰をしていたことが12日、同校への取材で分かった。教諭の言うことが聞けなかった場合は「しばかれます」とする「誓約書」を書かされた部員もいた。

 同校によると、教諭は昨年8月から、2年生部員5人をバックネットの裏などに呼び、殴ったり蹴ったりしていた。「殺したろか」などと暴言を浴びせ、チームメートの前で土下座をさせられた部員もいたという。

 部員が2月中旬に校長に相談して発覚。教諭は聞き取り調査に「口で言っても聞かなかった時に手を出した」と説明した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加