桐生スバル☆座

映画好きの座長が大衆芝居の劇場を始めました。 http://ozuyasu88.sakura.ne.jp 桐生スバル座

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戦争懺悔の8月に、「水底ミナソコの戦歿船」を謡う。

2011年08月17日 | OZUの謡uta・・・今月
 さてさて、台湾=フィリッピン間のバシー海峡を航行する軍事徴用船の安全を守るのが、帝国海軍の海上護衛総司令部参謀大井篤であったが、彼ら帝国海軍の愚かさを著したHページ←クリックがある。
 「出航後会敵率100%以上。 君は信じられるか?? 参謀たちは何をしていたのか」
     
 今回の大震災の対策を指揮する霞が関政治家・官僚達同様に・・・彼ら軍事官僚達も、無能の状態なのだ。

(A)福島原発メルトダウン同様に、海上護衛総司令部が開設された年初(昭和18年)から米軍は船舶通信暗号の解読に成功=メルトダウンしていた。それは「出航後会敵率100%以上」となり、山本七平氏が「死のベルトコンベア」と悲嘆する程に継続された。

(B)しかも、原発安全御用学者の机上答申同様に、輸送船舶の航行位置などを御丁寧にも毎正午発信することを義務付けた。「君は信じられるか??想定外だって?」・・・そんなお役所仕事が多くの戦歿船を生み=福島県放射能汚染を引き起こしたのだ。

(C)陸軍・海軍共に情報管理はブザマであったが、国内では特高・憲兵隊を使い国民を疑いの目で監視した。それは、管・枝野コンビが国民に情報隠匿し、国内ではJマスコミを使い「脱原発、再生エネ」標語で国民をコントロールしようとすることに似ている。


H23/08/17  Utatteru #34 OZUの謡←クリック
     水底ミナソコの戦没船
    元歌:カモメの水兵さん   作曲;河村 光陽  武内俊子作詞
       YOUTUBE映像で聞けます←クリック
 戦没船の船員さん 水底(ミナソコ)の船員さん、
 ・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・海辺でチャプチャプ遊んでる

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英霊の骨壷内に秘された「慮... | トップ | 英霊の骨壷内に秘された「慮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL