桐生スバル☆座

映画好きの座長が大衆芝居の劇場を始めました。 http://ozuyasu88.sakura.ne.jp 桐生スバル座

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「管がイイ」と思わぬ人達の平成版「桜田門外の変」

2011年06月22日 | OZUの謡uta・・・今月
    (座長芝居;OZAWA天狗党A08←クリックより)
 さてさて、座長が「水戸天狗党」をブログ始めたのは昨年11・16←クリックです。そして彼ら志士達を祀った水戸・回天神社を40年ぶりに訪ねたのがその半年前の春で、故郷・南郷からの帰省路の時でした。其の時は何の感慨もありませんでしたが、今は芝居桜田門外の変」を挿入しようか・・とまで傾倒してます。
          
しかしながら、幕末と平成を比較してみれば、
(A)あの暗殺事件では、井伊大老の代わりの徳川幕閣が変革努力するので幕藩体制も安泰であるとして実行されたが、ユトリ平成の世においては、政党政治は混迷停滞しー代替の政治家も代わり映え無しーなので実行の意義が少ない。

(B)あの暗殺事件は、草莽の士+サムライが各地に現れて「刀2本差し」の志士となって率先行動した中の1事件なのだが、夷敵マッカサー将軍による洗脳66年の平成日本では、Jマスコミによって情報操作される「投票用紙1枚」の草莽庶民+悲惨な震災現状によってPTSD状態に陥って引き籠もるサムライ自衛隊員という哀れな隷属構造なので実行不発であろう。(自衛艦インド洋補給作戦では、2桁の自衛隊員自殺が発生したとの・・ウワサが気になる)

(C)あの暗殺事件は、江戸幕臣や各藩サムライなどの支配層人数が7%前後と少なく窮乏化した状態だったので効率的であったし、庶民のほうも自立志向の意識を持って暴動・逃散・エ~ジャナイカ!と行動的であった。
 この平成の世は、膨大な人数の富裕役人が利権支配する社会であるし、そんな役人に頼って援助を得る隷属庶民も多いという事で、昔ゲバ棒・投石で荒らした団塊世代であっても沈黙の福祉余生を生きるしかない。

 原発被災の福島県酪農家が首吊り自殺しても・・政治家・役人は動かずの現状です。
それでは、何人の震災避難者が首吊り自殺すれば・・彼らは動いてくれるのだろうか??

 さて、今年の春は震災騒ぎで「OZUのuta謡」をブログしなかった5月でしたので、
遅れながら記載します。


H23/06/22  Utatteru #28  OZUの声から←クリック
  嘆きの喫茶店     元歌:春の小川 作曲;岡野貞一  作詞:高野辰之作詞
         YOUTUBE映像で聞けます←クリック              
 歌声喫茶の 生臭さ吐息 
  ・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・他人の夢追い 迷子になるの
ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 管政権を・・バッサリと「損... | トップ | 管首相が、座長芝居を「OZAWA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL