桐生スバル☆座

映画好きの座長が大衆芝居の劇場を始めました。 http://ozuyasu88.sakura.ne.jp 桐生スバル座

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天狗の輪行その10・・太田宿。哀れ瞽女唄→望郷遊女の木崎節→八木節

2011年01月15日 | 天狗の輪行
 さてさて、座長は梁田宿から太田宿へ至る例幣使街道の四つ角で自転車から転倒してしまった。
五分後に大型オートバイの老人?もブザマ転倒したので、この東武太田駅への左折角路には天狗党の因縁が
あるのでは想像してしまう。

        

 即ち、ココ角路に至る手前に「八木節←クリック」で有名な初代堀込源太の菩提寺があり、座長の脳裏には
哀れ瞽女唄の「新保広大寺節」→哀れ遊女の望郷「木崎節」→「八木節」へと辿った民衆太鼓のリズム
満ち溢れましたが、水戸天狗党の面々もサムライ進軍太鼓と異なる軽妙なリズムに・・戸惑って足下フラつき・・
底辺民衆の力強さに気づいて・・「この西上進軍はモシカしたら?・・」と躊躇させた・・のではなかろうか??
と想像しました。
   (座長は、時代の世相を遠慮なく謡い込んだ「八木節」替え歌創作に熱中し注意散漫・・転倒致しました。)

 さて「木崎宿の色地蔵」という命名が気になり、工業化した太田宿をソコソコにして西上、260人以上の飯盛女を抱える日光例幣使街道最大の宿場町「木崎宿」に至る。この様なギリギリ庶民生活の場は映画産業と上手に連携して時代観光地するのも一案・・・現実はMyHomeタウンでしたが。
        新田郷     赤地蔵       
反対にサムライ徳川家発祥の地として整備され、座長の膝転倒キズと歴史心を安息せしめたのが隣町世良田の歴史公園 「新田郷」で、利根川を渡ると深谷市「渋沢栄一記念館」に至ります。



H23/01/15  Utatteru#13     別サイト OZUの声(←クリック)から

    鳩ポッポ節       元歌: 八木節   群馬県民謡
 
ア~~ア~~ア~~
 チョイト出ました鳩ポッポ野郎が
 ・・・・・・・・・・・・・・・
 受け取りまするは団塊世代のジジとババ
 

 註)この歌詞の最後が未完成状態で元歌(MP3←クリック)と合いません。
    以前はホトばしる程に替え歌元気でしたが、座長も老化してチョロチョロ放尿作詞です。


『栃木県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天狗の輪行その9・・小林宿... | トップ | 輪行自転車で水戸天狗党を追... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

天狗の輪行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL