桐生スバル☆座

映画好きの座長が大衆芝居の劇場を始めました。 http://ozuyasu88.sakura.ne.jp 桐生スバル座

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京MXテレビが流す「東電原発事故」の非正規報道

2011年03月19日 | 原発鎖国
 さてさて、「座長は正規の芝居興業を軽視してー平成世相にブログする非正規グチ業ばかり・・」との座員非難に対して、下記内容で反論したが、その前に童謡替え歌「地震雲←クリック」を一曲。

H23/03/19  Utatteru #21   
    地震雲     元歌:夕焼け小やけ    作曲; 草川 信
                         作詞; 仲村 雨紅



 夕焼け小焼けの 地震雲 
 ・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・津波と一緒に 流れましょう


 反論ネタとしたのは東京地区だけで放送されるMXテレビの、「五時から・・」「未公開テレビ・・」「西部邁ゼミ・・」という座長必見の番組である。これらは他の放送局では放送されない非正規的情報に満ちていて、改めて正規vs非正規を考えさせられる番組でもある。

(A)18日「五時から・・」番組では、某代議士元秘書の発言として
    「大広告主東京電力に遠慮して真実報道しない正規Jマスコミ」、
    「政府記者クラブを正規情報源として相互に報道規制するJマスコミ」、
    「民主党素人閣僚、天下りの東電官僚に遠慮質問のJマスコミ」、等があった。
 更に、東京電力の正規発表を疑問として東電本社に乗り込んで激怒した管首相は、その後は枝野官房長官の虚偽談話で自国民を誤魔化し続けて有効策を出せない状態でもあるのだ。

(B)そこで、前日ブログで自衛隊の有効活用を述べたが、明日放送の「西部邁ゼ・・」では大胆な非正規意見を期待している。
 例えば、今回の異常な国家危機に較べれば、我々団塊世代の、米軍保護下の平和な生活、戦中派が築いた正規社員の職場、資源安で右肩上がりのインフレ景気、憲法で保証される人権老後生活、などは偶然の「正規世代」の生活に過ぎない事、そして、これらは「非正規世代」の若者達には無縁な事柄である事、等である。

(C)Jマスコミは、個人情報保護法、人権尊重法、を理由に「非正規報道」をしないが、着実な情報蓄積による報道であれば読者支持が得られると思われるが・・如何であろうか?

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発事故で一番安全な自衛隊... | トップ | サンダル教授は 原発・津波... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原発鎖国」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL