遥かなる尾瀬・Brestを目指して?

五十歳半ばのオジサンが健康のため、山歩きと自転車で出かけます。
趣味の話を少々(パソコン、カメラ、ゴルフ、etc)。

富士登山 その②

2017-07-16 18:33:13 | 旅行

7月11日(火)二日目 

 富士宮六合目(2490m){雲海荘}~プリンスルート~宝栄山~御殿場ルート~七合五勺(3100m位){砂走館}

二日目の今日はプリンスルートで宝永山を登って、御殿場ルートに出て七合五勺まで。やや軽めの行程で高山病の予防と過労の防止を狙ってます。

4:30 起きると、既に外は明るくなりつつあった。トイレに行って、身支度・ザックのパッキングを済ませ、外に出てご来光を撮影に。

なんと、夕べに続いて影富士が、山荘の人に「夕方に続いて朝も影富士がみられるのはまれ。」と言われる。団体さんや他の登山者は次々と小屋の横にある富士宮ルートを登ってゆく。自分は前期のように余裕があるので8時出発の予定だったが6時に朝食用のお弁当を食べて(小屋食だったので、みそ汁をつけていただきました。)トイレを済ませて(大藪流に言うと、腹を軽くして。)

6:15出発。宝永山の第一火口縁までは、昨日歩いたルートを逆戻り。分岐点から火口に下りてゆくと、ベンチがあるので小休止。

ベンチの前のルートから、影になっているあたりを登っていきますが、昨日の火口横のルートと同じで一歩足を出すと、半歩砂利が崩れて戻されます。体力が倍削られているような感覚で、なかなか進みませんが、まだ歩き出したばかり。日程的に余裕があるのを自分に言い聞かせ、ゆっくり高度を稼せぐ。

8:30 やっと馬の背に到着。ザックを下し岩に腰かけて15分休憩。

馬の背から見た宝永山、人が見えるのが登ってきたプリンスルート。このルートは皇太子さまが富士山に登頂したときのルートでこう呼ばれているらしい。

9:45 ガレ場や岩場をトレバース?して、御殿場ルート六合目に到着。

この辺りは同じ火山灰ですが、しまっている感じであまり滑らないので急傾斜ですが登りやすい感じが。

11:15そして、ガレ場のつづら折りを登って砂走館到着。

ラーメン(800円)とコーラ(300円)で昼食。

インスタントラーメン+少量の具ですが、山で食べるとなんでも美味い、体がカロリーを消費しているせい?

食後、トイレに行って山小屋に、今日は二人分のスペースをいただき、回復食(アミノ酸とカロリーバー)を摂って体を拭き、消炎剤を足に塗り昼寝タイム。

15:30 この山荘はホットドリンクと夕飯のカレー・朝食のご飯が食べ放題です。(御殿場ルートの山小屋は食べ放題のようです)カプチーノ(粉末)をいただいて、外のベンチで山小屋のスタッフと雑談。寝床に戻って、夕食まで時間があるのでMIXナッツとサラミを食べる。

18:00 夕飯のカレーをいただきます、夕飯は17~20時半、セルフサービス・よそり放題です。自分のペースで食べれるし、夜になってから到着しても大丈夫なシステムです。自分は胃に負担をかけないように腹七分目でガマン。

21時には消灯ですが、20時位には夢?の世界へ。

                                その③へ続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士登山 その① | トップ | 富士登山 その③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。